アドビ、Adobe MaxにてCreative Cloudアプリケーションの多数のアップデートを発表

スポンサーリンク

Adobe MAX 2022が開催され、Adobe(アドビ)はCreative Cloudアプリケーションのラインナップに多数のアップデートを実施することを発表した。以下に、ハイライトをご紹介する。

Photoshop CC

オブジェクト選択ツールは2020年に導入され、画像内のオブジェクトを自動的に検出し、ワンクリックで選択できるようになった。この度、このツールが更に改良され、より多くのオブジェクトをより高い精度で検出できるようになっている。

オブジェクト選択ツールは、空、建物、水、植物、さまざまな種類の床や地面(山、歩道、道路など)といった複雑なオブジェクトや領域を認識するようになりました。これらの改良により、ヘアーの詳細やエッジを維持しながら、時間を節約し、より正確で高品質な選択を得ることができます。

「ワンクリック削除・塗りつぶし」は、「オブジェクト選択ツール」「内容に応じた塗りつぶし」「Shift+削除」塗りつぶしコマンドを1つにまとめた新機能で、これまで以上に簡単に画像からオブジェクトを削除することができるようになった。

ワンクリックで削除と塗りつぶしができるので、オブジェクトをクリックして選択し、Shift+Deleteキーを押すだけで、画像からオブジェクトを簡単に完全に削除することができます。削除された領域は、内容を考慮した塗りつぶしが自動的に行われます…すべて1回の操作で完了します。

Photoshopのニューラルフィルターに新しいPhoto Restorationフィルターが追加された。

写真修復ニューラルフィルタは、古い写真や傷ついた写真をよみがえらせることができます。このフィルタは、機械学習を利用して、古い写真にある傷やその他の小さな欠陥を検出して除去します。

PS WhatsNew NeuralFilters 1440x810 sm

ガイドもPhotoshopの最新アップデートで少し見直された。

ガイドの機能強化は、Photoshop での日々の作業をカスタマイズし、効率化するために、ドキュメントレベルでガイドの機能を追加します。ガイドの機能強化には、ガイドのカスタマイズとカラー化、ガイドプロパティの編集、新しいキーボードショートカットによるガイドへのアクセス、新しい右クリックコンテキストメニューによるアクセス可能なガイドオプションの使用などの機能が追加されています。また、ガイドの編集や移動のための複数選択だけでなく、deleteキーでガイドを削除することもできるようになりました。

photoshop guides

iPad向けPhotoshop

media 15675aa8fa51b6b375400e93ca56476c23868bba0

ワンタップで背景を除去できるようになったほか、ポートレートの被写体選択ツールが改良され、外出先でも簡単に選択できるようになった。

背景の削除は、オブジェクト選択テクノロジーにより、主要な被写体を背景からすばやく分離し、自動的にレイヤーマスクを適用することで、時間を節約します。これにより、被写体を他の画像の中に配置したり、背景を他のシーンに置き換えたりすることができます。人物、動物、乗り物、おもちゃなど、画像の中で最も目立つ被写体をワンタップで選択し、背景を削除します。

オブジェクト選択ツールは、AdobeのAI技術をより活用し、1タップで人物、動物、追加のオブジェクトを識別できるように改良された。

人物写真に「被写体選択」を使用すると、自動的にすべての髪型とエッジの微調整が完了します。一度選択すれば、マスクや調整レイヤーを使って簡単に、シンプルなポートレートがより魅力的な画像に早変わりします

Lightroom

media 19f06d8f376c26e7df7de8a1269c1db2ba3ed435b

Photoshopと同様、Lightroomの新しいアップデートは、人物選択、オブジェクト選択、背景除去の搭載により、選択をより簡単にすることに重点を置いている。

Adobe Senseiを搭載したSelect Peopleは、あらゆるポートレートの個人またはグループを検出し、高品質なマスクを生成することができます。顔の皮膚、体の皮膚、目、歯、唇、髪など、特定の体のパーツを選択することも可能です。Select Peopleの拡張インターフェースにより、少ないクリック数とブラシストロークで、必要な選択範囲をすばやく作成することができます。

media 1faf371941647d44d7dfd0d536977621ae115e882

オブジェクトの選択は、Lightroomでオブジェクトをマスクする最も迅速で柔軟な方法となり、狙った編集をシームレスに行えるようになりました。ブラシ選択で目的のオブジェクトの上にペイントするか、矩形選択でその周りに矩形を描くだけで、AIが自動的にエッジを微調整して、正確なマスクを作成します。

media 1d3e0de562decf800b2157a05a888307b77cf1356
media 1c12ef87ff65f7740a9ac5ccafd09f47f9d7c6229
media 1f863370ed78a93173c0dda722f549cf49373e741
media 10e78172308c396902e6d7043ebddf5206cf45ad1

これまでは、被写体のマスクを反転させることで背景を選択することができました。今回、AIがワンクリックで背景のマスクを直接生成してくれるようになりました。

media 1541872a1f275cdc49fd669cceb6d8fedacf69b77

Fresco

Adobe Frescoには、新しいモーションツール、多色見本、自由変形&リキッド化ツールの追加がなされている。

Source

Frescoのモーションツールは、あなたのアートワークに簡単にアニメーションを追加することができます。Frescoの革新的なモーション・パスにより、描けるものなら何でも、複数の動くバリエーションを簡単に作成することができます。新しい機能として、成長/縮小や揺れなどがあります。

マルチカラースウォッチは、さまざまな色を使って、唯一無二のブラシストロークを作り出すことができるユニークな機能です。この魔法のような機能に、3Dのストロークやレタリングを描けるスウォッチが追加されました。

media 1066456443fc93ca43e6c53403288d3fb0338271f

最近、Photoshopでおなじみのツールを追加しました。自由変形とリキッド化で、作品に微妙な変化や劇的な変化を与えることができます。自由変形には、傾き、歪み、遠近法が含まれます。

After Effects

After Effectsでは、選択可能なトラックマットや、H.264のネイティブエンコーディングの対応など、クリエイターのニーズに応えるアップデートが行われている。

Adobe After Effectsの最新版は、現代のモーションデザイナーのニーズに応える新機能を搭載して出荷されています。選択可能なトラックマットにより、マットの扱いが劇的に容易になるとともに、コンポジションのサイズを小さくすることができます。H.264のネイティブエンコーディングにより、After Effectsから直接ファイルを書き出すことができます。また、プロのデザイナーによって作成された50以上の新しいプリセットが含まれており、一般的なクリエイティブな作業を加速させることができます。

アニメーション ワークフローのために50 を超える新しいプリセットが追加された。これにより、クリエイターの作業時間短縮に繋がるという。

優れたモーションデザインには、細かい作業が必要で、繰り返し行うことも少なくありません。プリセットは、一般的なタスクのためのビルディングブロックを提供することで、ユーザーの時間を節約するのに役立ちます。今回のリリースでは、日々の作業をより簡単にするために、プロフェッショナルが作成した50以上の新しいアニメーションプリセットを導入しています。テキスト用の楽しくて柔軟なアニメーション、マップピンのようなアニメーション要素、2Dテキストボックスのような便利なデザイン要素など、さまざまな要素が含まれています。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA