Amazonブラックフライデー開催中です。こちらから購入頂くと当サイトの運営の応援に繋がりますので、よろしければ是非!!

Intel XeSSをNVIDIAとAMDのGPUでテスト、Arcが最高のパフォーマンスを発揮するものになるか

Intelは今週初めに、Intel Arc、またはNVIDIAとAMDのGPUで有効にすることができる同社独自のアップスケーリングテクノロジー「XeSS」を、IntelのハイエンドグラフィックスカードArc 770の発売を待たずして、正式にリリースした。

Intel XeSSには2つの統合バイナリがあり、1つ目はIntel Arc GPUのXMXアクセラレーションをサポートし、2つ目は最新のグラフィックスカードに見られるDP4a命令を使用する。2番目のモードは、Intelの第11世代グラフィックス、AMD Vega 20、Navi 1X、NVIDIA Pascalなどのグラフィックスカードや、より最新のカードで機能するように予定されている。現在、Arc A770とArc A750グラフィックカードによるレビューは、まだレビューが解禁されていないため、このIntelの製品が実際にどの程度のポテンシャルを秘めているのか興味津々だ。

PCGamerは、NVIDIAのGeForce RTX 2080 Tiグラフィックスカードによる標準、DLSS、XeSSレンダリングの比較結果を提供した。このGPUは、XeSSを「クオリティ」設定にした場合、112fpsを実現している。これは、NVIDIAのDLSSよりも遅い結果となる。

PCGAMER XESS
Image source: PC Gamer

Tom’s Hardwareは、Intel XeSSの性能をより詳細に調べ、多数のAMDとNVIDIAのグラフィックカード、および古いGPUの間で徹底的な比較を行った。Intel XeSSはどのグラフィックカードでもかなり完璧に動作するが、毎回大幅な性能向上は望めなかった。

テストした一部のグラフィックスカードは、若干の性能向上を示した。この性能の変化は、DP4a命令がすべてのグラフィックスカードでネイティブにサポートされる必要があるが、24ビット整数でシミュレートされていることに起因すると考えられ、AMDのRX VegaとNavi 10シリーズがIntelの新しいアップスケーラーでより遅い結果を出した理由を示している。。問題は「6GB VRAMのボトルネック」であると考えられており、4年前に発売されたゲームとしては奇妙なことである。

また、上に示した結果は、XeSSの「Quality」モードと、NVIDIA DLSS Qualityおよびネイティブ1440pレンダリングを比較したものだ。この結果は、Intelの新しい技術で利用可能な2番目に優れた画像プロファイルでもある。Intelは、今週初めにデモした紹介ビデオで示したように、XeSS DP4aとXeSS XMXの間で画質とパフォーマンスが異なることを認めている。

ほとんどの場合、Intel XeSS DP4a は、テストしたどのゲームのパフォーマンスにも追加の利点を提供しなかった。XeSS テクノロジはまだ初期段階にあるため、問題を修正し、パフォーマンスを最適化するという長い道のりがある。Intel は、特に間もなくリリースされる Arc A7 GPU を使用して、Arc XMX アルゴリズムを優先することもできる。Intel にとって幸運なことに、API と SDK は 1 つしかないため、開発はほぼ同時に進行しするだろう。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする