Amazonブラックフライデー開催中です。こちらから購入頂くと当サイトの運営の応援に繋がりますので、よろしければ是非!!

Apple、ARヘッドセット用に3,500ppiの有機ELディスプレイをSamsungとLGに依頼

最新の報道によると、AppleはARヘッドセットの没入感を高めるために、OLED on Silicon(OLEDoS)パネルの仕様をアップさせたようだ。Appleは、サプライヤーであるSamsung DisplayとLGに、ARヘッドセット用に更に高品質なディスプレイの製造を依頼したという。しかし、このアップグレードされたディスプレイは、来年初頭にデビューすると推測されている第1世代のApple ARヘッドセットには使用されないようだ。

Appleは、ARヘッドセットのディスプレイをOLEDoS(OLED on Silicon)と呼んでおり、Samsung DisplayとLG Displayの両社が製造する予定だ。注目すべきは、この両サプライヤーがiPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxにもディスプレイを供給していることだ。そのため、ディスプレイパネルの品質に関しては、ご存じの通り全く問題はないだろう。OLEDoSに関しては、ガラスの代わりにシリコンを組み込んだ新しいディスプレイ技術で、特にAR製品のためのものであるという。

Appleの第1世代ARヘッドセットには、Sony製のディスプレイが搭載される

TheElecによると、Appleは来年発売予定のAR製品にSamsungやLGのディスプレイを使用しないようだ。その代わり、第一世代のARヘッドセットにSony製のディスプレイが採用されるとしている。Appleは当初、2,800ppiのディスプレイを希望していたが、現在は3,500ppiにアップグレードされている。また、Appleの第1世代ARヘッドセットが3,500ppiのOLEDoSを搭載する一方で、SamsungとLGは将来のLEDoSディスプレイで6,000~7,000ppiに取り組んでいるようだ。

SamsungとLGの両社は、2024年までにOLEDoSディスプレイの量産に入る予定だ。このような新しいディスプレイ技術の製造に最初に飛びついたのはLGであり、Samsungは少し遅かった。しかし、Samsungのトップは、この技術をそんなに早く判断しないようにと忠告している。また、情報筋の話として、「SamsungはOLEDoSがLEDoSよりも参入障壁が低いと考えており、ライバルのLG DisplayやSonyよりも後者の技術でリードしたいようだ」と引用している。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする