サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

インテルが第13世代Core「Raptor Lake」デスクトップシリーズを発表:Core i9-13900Kの価格は589ドル

(Image Credit: Intel)

Intelはイベント「Intel Innovation 2022」を開催し、その中でコードネーム “Raptor Lake” と呼ばれる第13世代Coreシリーズを発表した。新シリーズは3つのSKUからなり、それぞれ2つのバリエーション(内蔵グラフィックス搭載と非搭載)が用意される予定だ。第12世代Coreシリーズと比較して、各セグメントに4(i5/i7用)~8(i9用)コアが新たに追加され、性能の向上が図られている。

Intel、第13世代CoreデスクトップCPUファミリーを発表

INTEL 13TH GEN CORE RAPTOR LAKE PRESENTATION 6
第13世代Coreシリーズ「Raptor Lake」(Image Credit: Intel)

Core i9-13900Kは、24コア(8P+16E)、L2/L3キャッシュ合わせて68MBを搭載している。このSKUの最大ブーストクロックは5.8GHzで、統合UHD Graphics 770付きが589ドル、なしが564ドルで販売される予定だ。

Intel Raptor Lakeの16コア(8P+8E)モデル:i7-13700Kとi7-13700KFは、それぞれ409ドルと384ドルで販売される。14コア(6P+8E)の最安モデル:i5-13600Kとi5-13600KFは、それぞれ319ドルと294ドルとなる。

INTEL 13TH GEN CORE RAPTOR LAKE PRESENTATION specs
第13世代Coreシリーズ「Raptor Lake」スペック&価格 (Image Credit: Intel)

Intelは、シングルスレッドで最大15%、マルチスレッドで最大41%の性能向上を謳っている。これらの改善は、主にクロック周波数の向上とコア数(スレッド数)の増加によるものだ。Intelの新しいハイエンドプラットフォームZ790は、PCIe Gen4のレーン数を増やし、USB 3.0 Gen 2×2 20Gbpsコネクタを増設している。

Intelは、これまでの同社フラグシップだった12900Kの性能に、新しいi9-13900Kはわずか65Wの消費電力で達するとしており、新たなフラグシップCPUによるゲーミングリーダーシップを主張している。Intelのデータによると、この新しいSKUは同じ241W TDPで最大37%高速化されている。

また、Intelはフラッグシップの24コアSKUについて、「99th percentile low water mark」でより高いFPSを実現するゲーミング性能も公開している。同社は、第13世代Coreシリーズを10月20日に発売することを明らかにした。対応するZ790マザーボードも同日発売となる。

Intel Raptor Lakeシリーズスペック比較

コア数/スレッド数最大ブーストクロックL2+L3キャッシュTDP
(PBP/MTP)
希望小売価格(米ドル)
Core i9-13900K8P+16E/32T5.8 GHz32+36MB125W/253W589 USD
Core i9-13900KF8P+16E/32T5.8 GHz32+36MB125W/253W564 USD
Core i7-13700K8P+8E/24T5.4 GHz24+30MB125W/253W409 USD
Core i7-13700KF8P+8E/24T5.4 GHz24+30MB125W/253W384 USD
Core i5-13600K6P+8E/20T5.1 GHz20+24MB125W/181W319 USD
Core i5-13600KF6P+8E/20T5.1 GHz20+24MB125W/181W294 USD

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする