Amazonブラックフライデー開催中です。こちらから購入頂くと当サイトの運営の応援に繋がりますので、よろしければ是非!!

衛星インターネットサービス「Starlink」がユーザー数の増加に伴い通信速度が低下している

Ooklaのスピードテストによると、米国におけるStarlinkのダウンロード速度の中央値は、2022年の第1四半期から第2四半期の間に90.6Mbpsから62.5Mbpsに低下したとのことだ。また、Starlinkの米国におけるアップロード速度の中央値は、同じ期間に9.3Mbpsから7.2Mbpsに低下している。

遅延の中央値も、Starlinkの米国の顧客にとっては少し悪くなり、43ミリ秒から48ミリ秒に上昇した。この最新の数値は、世界中のStarlinkの速度に関するOoklaの2022年第2四半期報告書に記載されている。「Starlinkの速度は、過去1年間に調査したすべての国で、サービスに申し込むユーザーが増えるにつれて低下した」と、今週のレポートには書かれている。

第2四半期のレポートでは、多くの国でStarlinkの速度が前年比で大幅に低下していることを指摘しているが、全体的な性能はまだかなり良好であることを指摘している。

Speedtest Intelligenceによると、スターリンクのダウンロード速度の中央値は、カナダ、フランス、ドイツ、ニュージーランド、英国、米国で低下し、2021年第2四半期から2022年第2四半期にかけて、サービスに加入するユーザーが増えたことにより9パーセントから54パーセント低下したことが明らかになりました。ただし、スターリンクでは 2022 年第 2 四半期に北米で少なくとも 60Mbps の中央値のダウンロード速度に達しました。これは、少なくとも1台の接続デバイスが、ビデオのストリーミング、ゲームのダウンロード、友人や家族とのビデオチャットなど、インターネット上のほとんどのことを行うのには、十分すぎる速度です。

アップロード速度もスターリンクで低下し、過去1年間に追跡したすべての国で速度が低下しています。遅延は、ほとんどの国で比較的横ばい(固定ブロードバンドと比較すると高いが)であり、少しマシであった。ニュージーランドは例外で、レイテンシが23ミリ秒減少しました。ほとんどのユーザーにとって、サービスがない、サービスが遅い、あるいは高速インターネットを利用するための手頃な選択肢がほとんどない地域では、これらのレイテンシの低下は価値があると思われます.

1年前の2021年第2四半期、Ooklaは米国におけるStarlinkのダウンロード速度の中央値を97.2Mbps、アップロードを13.9Mbps、レイテンシを45msと報告している。Starlinkのウェブサイトでは、ユーザーはダウンロード速度が50~200Mbps、アップロード速度が10~20Mbps、レイテンシが20~40msと予想されるとしている。

FCC、スターリンクの助成金却下にOoklaのテストを採用

米連邦通信委員会(FCC)は先月、 Ajit Pai委員長(当時)の在任中に暫定的に交付されていた8億8551万ドルのブロードバンド助成金の受給申請を却下した際、ユーザー主導のスピードテストに基づくOoklaのレポートを引用している。FCCは、スターリンクが補助金の要求速度であるダウンロード100Mbps、アップロード20Mbpsを提供できるかどうか疑問だと述べた。

「2022年7月31日時点で報告されたOoklaのデータによると、2021年の最終四半期から2022年の第2四半期にかけてStarlinkの速度が低下しており、アップロード速度が20Mbpsを大きく下回っていることも観察される」と、FCCは当時述べている。民間企業であるOoklaは、広く利用されているスピードテストサービスを運営しており、そのデータは政府や規制当局によく利用されていると自負している。

FCCの疑念は、同機関がStarlinkの「認識された容量制限」と呼ぶものからも煽られている。SpaceXのCEOであるElon Musk氏は、Starlinkの容量の限界を何度か認めており、例えば、衛星サービスは「数百万人のユーザー範囲に入ると(全員にサービスを提供する)困難に直面するだろう」と言っている。6月上旬にMusk氏が自身のTwitterアカウントに投稿したSpaceXのプレゼンによると、Starlinkは32カ国で50万人近いユーザーを抱えていた。

今月、StarlinkはFCCに対し、「無許可の外部スピードテストに依存した」として、助成金取り下げの決定を取り消し、助成金を授与するよう求めた。また、Starlink社は、より多くの衛星を打ち上げることでスピードが改善されるだろうと述べた。「まず、Ooklaのデータは、2025年のSpaceXの最初の強制展開マイルストーンの3年以上前の期間を対象としている。しかし、2025年までには、Starlinkのネットワークは、問題のスピードテストの時よりも大幅に容量が増えるだろう」とSpaceXはFCCに述べている。

Starlinkはこれまでに3,000基以上の衛星を軌道に乗せている。インターネットプロバイダーは、すでに運用されている衛星を含め、1万2000個近くを配備するFCCの許可を得ており、最終的には数万個を打ち上げる認可を求めている。

ユーザーから速度低下への不満の声

スピードテストに加えて、ユーザー数が増えるにつれてStarlinkの速度が低下したことはネット上で多く訴えられている。特に多くのユーザーが、Redditのスレッドで速度低下について訴えている。

ただ、Starlinkが遅くなっている証拠は多く出ているが、競合他社に比べればまだまだ優秀なのも事実だ。Ooklaの第2四半期のデータは、それが明らかに低速とはるかに悪いレイテンシを持っているViasatとHughesNet衛星サービスを上回っていることを示している。米国では、Viasatのダウンロード速度の中央値は23.7Mbps、アップロード速度は2.8Mbps、待ち時間は631msでした。HughesNetは、ダウンロード22.6Mbps、アップロード2.5Mbps、レイテンシ716msと測定された。

有線ブロードバンドは優秀だ。第2四半期のOoklaのレポートによると、米国の固定ブロードバンドサービス全体のダウンロード速度の中央値は150.1Mbps、アップロードは21.5Mbps、レイテンシは14msとなっている。

当初から、Starlinkは自宅にしっかりとしたケーブルやファイバー接続がない人に最も適していることは明らかだった。最近のデータでもその全体的な結論は変わらないが、とはいえ、予想以上に遅い速度が出ているStarlinkのユーザーは、不満を抱いても仕方がないだろう。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする