Amazonブラックフライデー開催中です。こちらから購入頂くと当サイトの運営の応援に繋がりますので、よろしければ是非!!

PC 市場の減速に伴い、CPU とメモリの売上が激減

AMD、Intel、韓国貿易省によると、クライアントPC用のプロセッサーとメモリーの売上は、予想以上に急速に、そして大幅に減少しているとのことだ。Digitimesによると、欧米での需要軟化や中国でのロックダウンの影響で、先月のメモリの出荷量は25%近く減少したという。

9月の初め、IDCは、2022年のPCの出荷台数は、2021年の3億4880万台から12.8%減の3億530万台に落ちると発表していた。2022年のPC出荷台数予想の修正は、主にPCメーカーからの報告やAMDやIntelといった企業の売上予測に基づいて行われた。しかし、状況は予想より早く悪化した。

今年初め、IntelはPCの販売台数が前年比で10%程度減少し、2022年後半にはすでに回復に転じると予想していた。AMDはもう少し悲観的で、2022年のPC市場は前年比で「数十%半ば」減少すると予想していた。しかし、両社の幹部はBernsteinのアナリスト、Stacy Rasgon氏に、市場は予想以上に悪化する傾向にあると語ったとBarron’sは報じている。

CPUの売上は、PC市場の健全性を示す重要な指標だ。また、メモリーメーカーの業績も、PC市場の動向を占う良い指標となる。欧米でのパソコン需要の減少や中国でのCOVIDロックダウンの影響で、8月のDRAM出荷量は前年同月比24.7%減となった。一方、韓国DRAMの7月の販売量は前年同月比7%減であったと、Bloombergと韓国貿易省のデータを引用してDigiTimesが報じている。

韓国の技術輸出は、同国の輸出の3分の1を占めているため、これは韓国にとって悪いニュースである。DRAMは韓国のメモリーチップの売り上げの約半分を占め、3D NANDはさらに半分を占めている。一般に、韓国の技術輸出は8月に前年同月比4.6%減となった。

韓国のSamsungとSK hynixは、世界の3D NANDとDRAMメモリ市場の約3分の2を支配しているので、もし彼らがチップの販売に問題を抱えているなら、それは需要が落ちていることを示す明確な指標となる。今後注目されるのは、両社が3D NANDとDRAMの価格を引き下げるのか、それとも価格を安定的な水準に保つために生産量を減らすのか、という点である。

メモリの値下げは、現在進行中のDDR5メモリへの移行や、PCIe 4.0 x4やPCIe 5.0 x4インターフェイスを搭載したSSDのコストには有利に働くかもしれない。しかし、これはSamsung、SK hynix、Micronなどの企業が将来の製品やプロセス技術の移行に投資する能力に影響を与えるため、長期的に見ると良い事ではないため、消費者としては複雑なところだ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする