エリザベス女王の葬儀に宇宙からも見えるほど多くの会葬者が集まった

先日亡くなったエリザベス女王(エリザベス2世)の葬儀のためにロンドンに集まった大勢の人々を地球観測衛星がとらえた。

アメリカの衛星会社Maxar Technologiesが運営するWorldView-3衛星が撮影した画像には、9月8日に96歳で亡くなった女王を弔うため、宇宙からも確認出来る程多くの人々が列をなしている様子が映し出されている。

elizabeth ii funeral

画像では、群衆が16キロメートル以上にわたって、アイ・オブ・ロンドン、バッキンガム宮殿、ウェストミンスター宮殿(英国議会の所在地)など、ロンドンの有名なランドマークの横を蛇行する「行列」で辛抱強く待つ姿が確認できる。

葬儀当日も、女王の葬列を見ようと、ホース ガーズ パレード、ハイド パークの端、およびアルバート メモリアルに集まったに集まった群衆の様子が映し出されている。

FdCLo08XwAAZhKF
FdCLo0pXwAI syE

70年という、長きにわたって英国に君臨した君主の遺体と棺は、9月14日から9月19日までウェストミンスター・ホールで安置された後、自身がデザインに携わったジャガー製の霊柩車で運ばれ、セント・ジョージ礼拝堂の下にある王室保管庫に降ろされ、2021年に他界した夫であるエディンバラ公フィリップ王子とともに眠りについた。

多くの国民、そして世界中の人々からに愛された女王のもとには、これからも多くの人々が弔いのために訪れることだろう。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする