世界最大のCO2回収プラントが米国で2023年稼働開始

(Image Credits: CarbonCapture)

米国のCarbonCapture社は、年間数百万トンの二酸化炭素を大気中から除去するプロジェクト「Project Bison」を発表した。

プレスリリースによると、CarbonCapture社は、炭素貯蔵企業のFrontier Carbon Solutionsとの独占提携により、米国ワイオミング州に世界最大の炭素回収施設を設立する計画を明らかにした。

carboncapture3
Project Bison は、拡張可能な炭素回収モジュールを備えている(Image Credits: CarbonCapture)

「インフレ抑制法の成立、高品質の炭素除去クレジットを求める企業の急増、そして破壊的な低コスト技術によって、我々は今、DACをこの10年の終わりまでにメガトン級に拡大するために必要な材料を手に入れた」と、CarbonCaptureのCEO兼CTOのAdrian Corless氏は述べている。

CarbonCaptureが開発したDAC(Direct Air Capture)装置を巨大なアレイで接続することにより、大量のCO2を環境から除去することができる、と同社は説明している。

ワイオミング州は、再生可能で二酸化炭素を排出しないエネルギー源が豊富にあり、炭素貯留に有利な操業・規制条件が整っていることから、両社はワイオミング州を選んだ。

このプロジェクトは、長期貯蔵に坑井を使用する米国初の大気圧式炭素除去施設となる予定だ。2023年後半には運用を開始する予定とのこと。

carboncapture4
Project Bisonは、大気中のCO2をろ過し、クラスVI圧入井戸を通じて地下に永久的に貯留することで、炭素除去クレジットを生成している(Image Credits: CarbonCapture)

Project Bison」と名付けられたこの共同プロジェクトの目標は、2030年までに年間500万トンのCO2を吸収することで、これはロンドン-ニューヨーク間の往復航空券の数とほぼ同じCOS排出量になる。

Frontier Carbon Solutions社の社長兼COOであるRobby Rockey氏は、「安全で恒久的な炭素貯蔵と空気直接回収は、低炭素経済の基礎となるものです」と述べている。

「CarbonCapture社のDAC技術とFrontier社の貯蔵資産により、このパートナーシップはワイオミング州のこれらの重要な産業を拡大し、最終的には同州に多くの投資資金と雇用をもたらすでしょう」と述べている。

carboncapture2
(Image Credits: CarbonCapture)

ダラスに位置するFrontier Carbon Solutionsは、商業用二酸化炭素回収・貯留インフラの購入、建設、管理を通じて、炭素の収集、輸送、隔離のための産業排出者サービスを提供するために、2021年4月に設立された。

果たして二酸化炭素の貯留は有効なのだろうか?炭素回収方法の大半は、煙突内のCO2を少なくとも90%以上大気中に出さないことを目標としている。しかし、技術の効率が100%に近づくにつれ、より多くのCO2を捕捉するためには、より多くのエネルギーが必要となり、より高価になっていく。

セメントメーカーや石炭発電所など化石燃料を燃やす施設からは、さまざまな方法で二酸化炭素を回収することができる。

最も一般的な方法は、排ガスを冷却し、CO2分子と結合する化学物質「スクラバー」で満たされたチャンバーに送り込む方法である。

捕獲した炭素は濃縮して貯蔵し、炭素を含まない排ガスは大気中に放出する。すでに2つの石炭火力発電所(1つは2020年に停止予定)をはじめ、およそ20カ所でCCSが採用されている。

MITエネルギー・イニシアティブのシニア・リサーチ・エンジニアであるHoward Herzog氏によると、二酸化炭素回収・貯留プログラムでは、ベースラインの効率目標を何年も前から90%としている。90%は現実的な目標であり、システムの構築と展開が財政的に可能であるためには、90%のCO2除去が必要だからだ。

carboncapture1
ワイオミング州にある5メガトン級の炭素除去プロジェクト「Project Bison」の完成予想図(Image Credits: CarbonCapture)

しかし、この目標を達成するためには、発電所が吸収するCO2が1分子増えるごとに、より多くの費用を支払わなければならない。そのため、発電所には二酸化炭素の排出を削減するための、より強い経済的なインセンティブが必要となる。そこで、発電所から排出されるCO2に対して課税することで、CO2削減のインセンティブを高める方法が「カーボンプライシング」なのだ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする