PCハードウェア在庫の圧迫により、小売店やメーカーが今後、大幅な値下げを実施する可能性

PC需要の減少に伴い、Acer、ASUS、MSIは、GPU、冷却ユニットなどのコンピュータ部品の在庫をますます多く抱えていることが報告された。China Timesは、小売業者の在庫が捌けず、注文が発生しないことにより、メーカーが在庫の一部を放出することが出来なくなっているという。現在、PCやモバイルコンピューターシステムのメーカーが同様の問題に直面しているとのことだ。

China Timesの報道によると、ASUSとQuantaの2社が、大量の在庫によって最も影響を受けている企業であるとのことだ。ASUSは現在、工場から送り出すことができない68億ドル以上の在庫を抱えているという。ASUSは、昨年の在庫水準と比較して60%増の在庫を抱えることになる。同時に、Quantaは84億ドルの在庫を抱えており、これは昨年に比べてほぼ55%増に相当する。

China Timesの報道で、アナリストのDan Nystedt氏は、ASUSの在庫問題と、同社が現在どのように状況を捉えているかについて、内部情報を提供した。Nystedt氏は、ASUSの在庫の50%近くが部品とICで、残りの半分が完成品であることを確認した。

もしASUSが今後数四半期でコンポーネントや製品を相当量販売できなければ、製品は期限切れとみなされ、価値が下がってしまう。ASUSは、在庫のICおよびコンポーネントの約80~90%を将来のPCおよび製品に再加工するために使用できると評価している。

多くの企業が工場から小売店への在庫一掃をより積極的に行わなければならないため、掘り出し物を探している消費者には良い兆しだ。

China Timesは、ほとんどのコンピュータブランドが「割引やプロモーションを通じて、完成品をチャネルに積極的に押し出す」ことを明らかにしている。その一方で、メーカーは小売業者や倉庫の在庫をさらに明確にするために利益を減らし、四半期ごとの売上に大きく影響することになる。

ここ数年、部品の入手が不可能になる一方で、部品の闇取引で価格が高騰しているのを目の当たりにしてきたが、部品やシステムの入手が容易になった今、当四半期の終わりに近づくにつれて、企業は利益を確保するために苦心している。特に、パンデミック、ウクライナ戦争、暗号通貨の暴落は、景気後退の恐れがあるため、在庫と利益に最も大きな影響を及ぼしている。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする