WBのキャラクターが登場するスマブラ風格闘ゲーム『Mutiversus』がベータテストにもかかわらずSteamで驚異的な人気

© Warner Bros. Interactive Games

任天堂のスマッシュブラザーズシリーズによく似た、Warner Bros. Interactive Gamesが開発した2vs2の対戦ゲーム『Mutiversus』は、最近オープンベータテストが始まったと同時に、大きな話題となっているようだ。

オープンベータの前には、1週間程度の早期アクセスを実施していたが、限られた招待人数での実施にもかかわらず、『MultiVersus』はSteamの同時接続プレイヤー数が最大62,433人と印象的な数字を残していた。

オープンベータが開始された後、この新しい格闘ゲームは驚異的な数値を記録してる。オープンベータ開始当日は、Steam だけで 最大144,456 人の同時接続を記録したとのことだ(Steam DB)。ちなみに、これは現在Apex LegendsやGTA5などよりも多い接続数となっている。

コンシューマ機としては、PS4/PS5/Xbox One/Xbox Series Xでもリリースされているため、実際のプレイヤー数はSteamだけの数字よりも多くなっていると考えられる。

このゲームには、ワーナーブラザースの人気キャラクターである、バットマンやバックスバニー、トムとジェリーなどが登場する。また、その他にもオリジナルのキャラクターが多数登場し、2人対2人で対戦する、任天堂の「スマッシュブラザーズ」の様なゲームとなっている。

ただし、2022年8月1日現在はただし、本作はSteamでは日本からは「お住まいの地域ではご利用できません」とロックが入っていてプレイできない(Steamのストアページ)。Epic Gamesストアにおいては日本からストアページの閲覧は可能だが、インストールしようとすると「この製品はお住まいの地域では現在ご利用いただけません」と表示される状態だ。今後の日本への展開に期待したい。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする