Galaxy S23の全モデルにQualcommのSnapdragon 8 Gen 2 SoCを搭載、Exynosバージョンはなし

SamsungとQualcommは、来年登場するGalaxy S23の全モデルにSnapdragonチップセットを搭載する契約を締結した。搭載されるSoCは、タイミング的にSnapdragon 8 Gen 2となるだろう。そして、今後発売されるSamsung製品にQualcommのシリコンが使用されることが明らかになっている。

Qualcomm幹部、SnapdragonチップセットがタブレットやXR製品などにも搭載されると発言し、Samsungの新契約を強調

QualcommとSamsungの新しいパートナーシップについて、Qualcommの社長兼最高経営責任者であるCristiano Amon氏は次のように語った。

今期の注目すべきマイルストーンをいくつか紹介する前に、当社とSamsung社の関係における重要な進展についてお知らせします。QualcommとSamsungは、2023年から新たな複数年契約を締結し、将来のプレミアムSamsung Galaxy製品にSnapdragonプラットフォームの使用を世界的に拡大することを報告できることを非常に嬉しく思います。

これにより、SnapdragonがプレミアムなAndroid体験のためのテクノロジー・プラットフォームとして選ばれていることが検証されました。この契約には、Galaxyスマートフォンに加え、PC、タブレット、拡張現実などが含まれます。また、Samsungとの特許ライセンス契約を7年間延長し、2030年末まで同じロイヤルティ条件でライセンスすることに合意しました。この延長は、3G、4G、5Gの技術および機器を包含し、将来の6G規格および製品も含める予定です。

Cristiano Amon

また、Amon氏は、今年グローバルで発売されたGalaxy S22の全モデルのうち、新契約締結前の75%にSnapdragon 8 Gen 1が搭載されていたことにも言及している。残念ながら、評論家はSnapdragon 8 Gen 1のパフォーマンスと電力効率に満足しておらず、それらの欠点のほとんどは、Samsungの4nmアーキテクチャで大量生産されたSoCと関係があった。

Snapdragon 8+ Gen 1で、Qualcommはそれらの問題に大規模に対処し、新しいチップセットはTSMCの4nmプロセスで作られているため、改善が期待される。Snapdragon 8 Gen 2の発表会は、11月14日から開催される恒例のSnapdragon Summitで行われると予想される。

噂では、新しいシリコンはTSMCの4nmアーキテクチャで作られるとされており、初期のサンプルではSnapdragon 8+ Gen 1がアピールしているものより優れた電力効率を示しており、Galaxy S23シリーズにとって明るい兆しと言えるだろう。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする