サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

Googleマップがアップデート – 没入型ビューの一部機能を実装

Googleは、5月の開発者会議「Google I/O 2022」において、今後Googleマップに今後新たに没入感のある視点から地図を見られるイマーシブビュー(Immersive View)を導入する事を発表していたが、本日同社はその機能の一部がGoogleマップに導入されたことを明らかにした。新たなGoogleマップでは、世界の100以上の主要なランドマークを没入感のある視点から眺めることが出来る。

イマーシブビューを先取り

Aerial Views of Landmarks

とはいえ、今回追加された機能は、イマーシブビューが一部のランドマークで実際に使えるという物ではなく、今後イマーシブビューが導入された際にどのような形で見ることが出来るのかを動画で確認出来るようになったというものだ。

BA5447B9 138F 4D4D B2A2 526BF17FEDB1
ランドマークの写真セクションで動画を見ることが

東京スカイツリーや、ニューヨークのエンパイアステートビル、ロンドンのビッグベンなど、今後イマーシブビューが導入される予定のランドマークを選択し、写真セクションを開くと、3D版の動画を見ることが出来る。Googleは、これはアプリにイマーシブビューを追加するためのスタート地点に過ぎないと述べている。今年後半に実際に展開が始まると、特定の都市のランドマークを空から眺めたり、ストリートビューのレベルまで降りて、レストランが開いている時間や近くの交通状況などの役立つ情報を見ることができるようになるという。

また、その他にも今回のGoogleマップアップデートでは、自転車のための新しいルート情報が追加された。急な坂道や階段にぶつかる可能性がある場所や、ルート上に交通量が多い場所が表示されるようになっている。

Google Maps cycling directions 1

加えて、位置情報共有の通知が追加された。これにより、家族や友人と位置情報を共有している場合、その場所に到着またはそこから出発した場合、マップアプリや電子メールで通知されるようになっている

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする