あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

サムスンが2,000億ドルの巨費を投じてテキサス州に11の新しい半導体ファブの建設を計画

Samsungは、テキサス州に11の新しい半導体工場を建てるための計画を開始した。同社は最近、テイラー学区とマナー学区に半導体工場建設のための税制優遇措置を求める11の申請書を提出たが、これらの申請書は、今年で期限切れとなるテキサス州の税法第313章奨励プログラムに該当し、テキサス州会計監査人のWebサイトに掲載された。これは1,920億ドルの投資と約1万人の雇用の可能性に繋がるものだ。

これは通常、連邦政府レベルのプロジェクトで見られるほどの巨額の数字であり、先日のIntelの投資発表に比べても飛び抜けて大きなモノだ。また、米国技術革新・競争法(USICA)が米国内の製造能力に注入するために520億ドルを投じていることを考えても、その4倍もの規模である。超党派の反対で議会で停滞しているため、Intelはオハイオ州の新施設の着工を延期し、ヨーロッパの中心部に移転すると脅しているほどである。

Samsungの計画では、20年以内に11の新しい半導体施設を建設することを目標としている。他の施設は2042年以降に稼動する予定だ。Samsungは最近、テキサス州のテイラーに170億ドルの製造工場を建設すると発表しており、この計画が実現すれば、テキサス州の半導体製造インフラに2,170億ドルを投じることになる。

この投資額のうち、税制上の優遇措置だけでも48億ドルがSamsungに還元される可能性がある。

オースチン地域製造業協会のEdward Latson事務局長は、「Samsungのこの地域へのコミットメントと投資は、他に類を見ないものです。この地域は、米国最大の外資系企業にとって、まさにうってつけの場所なのです。テキサス州中央部の経済発展と成長に劇的な影響を与えるでしょう」と述べている。

新しい施設のうち9つは、最初の工場に必要なインフラ投資を利用して、テイラーに設置される予定だ。残りの2つは、Samsungが1996年から進出しているオースティンに計画されている。現在のSamsungオースティン工場は、CPUとDRAMの両方を生産している。

Samsungの計画がすべて実現した場合、新規雇用のうち約1,800人が、245億ドルの投資を行うオースティンに集中し、テイラーは1,676億ドルの投資を行うことで8,200人の新規雇用が見込まれることになる。テキサス州の生産高の4分の1はすでに半導体産業に関連するものであり、この割合はさらに上昇しそうである。

しかし、これは長い長い道のりの最初の一歩に過ぎない。Samsungの広報担当者であるMichelle Glaze氏は、奨励金の申請は同社の長期計画の一部であることを明らかにした。

「現時点では具体的な建設計画はありませんが、テキサス州への第313章申請は、米国に追加の製造工場を建設する可能性を評価するためのサムスンの長期計画プロセスの一部です」とGlaze氏は書いている。

当然ながら、テキサス州のインフラも、新しい設備とそれに関連する人員、電力供給、各種物流などの要件を満たすために、相当な投資を受ける必要がある。

Samsunのオースティン工場は今年1月、76万3千ガロン(約280万リットル)の有毒廃棄物を流出させ、地元の生態系に影響を与えたことで話題になった。オースティン市役所の環境担当者が発表した報告書によると、その影響は深刻で、「水生生物の生存がほぼゼロになった」とのことだ。

Samsungの投資計画は、製造事業部門がやや失速していることを受けてのものだ。NAND市場には、積極的で技術力のあるメーカーがひしめくようになった。YMTCは172層の3D NAND技術を発表し、Micronも最近232層の新しいソリューションを公開しキオクシアはNANDの密度を飛躍的に高めるために7ビット/セル路線を考えている

PC市場は2021年に比べて前年比で縮小すると予想されており、売れ残り在庫が発生し、メーカーは停滞した製品を動かすために値下げを余儀なくされている。


Source

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share!!

関連コンテンツ

執筆者
Photo of author

masapoco

TEXAL管理人。中学生の時にWindows95を使っていたくらいの年齢。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題が得意だが、テクノロジー関係の話題も大好き。最近は半導体関連に特に興味あり。アニメ・ゲーム・文学も好き。最近の推しは、アニメ『サマータイムレンダ』

記事一覧を見る

コメントする