一部の人々に受け継がれたネアンデルタール人の遺伝子変異体は薬物代謝を遅らせるとの研究報告

血液をサラサラにする薬「ワーファリン」の服用は、1回ごとの服用量を慎重に計算しなければならない。量が少なければ、効果がない可能性があるためだ。逆に、多すぎると、コントロールできないほどの出血を引き起こす危険性もある。

最近の研究によれば、我々の最も近いヒト科のいとこの一人であるネアンデルタール人と特定の遺伝子を共有する人々は、このバランスをとるのが少し難しくなる可能性があるとのことでだ。

現在、地球上に生息する人類は私たちホモ・サピエンスだけだが、昔からそうだったわけではない。過去には何十万年もの間、謎の古代種やデニソワ人、そしてよく知られているネアンデルタール人など、近縁の人類が地球を共有していた。

ホモ・サピエンスは最終的に進化的な戦いに勝ったのかもしれないが、我々のDNAにはこれら他種の痕跡が数多く残っている。現代人は、歴史の様々な時期に異なる種族と非常にうまくやっていたようで、ネアンデルタール人のDNAの痕跡が今でも世界中の多くの人々に見受けられるのだ。

ワルファリン、イブプロフェン、コレステロール低下剤であるスタチンなどの医薬品を分解する酵素の変異体がこのような古代に起源を持つという研究者の発見は、同じ薬に全員が同じように反応しない理由を説明するのに役立つかもしれない。

この研究の主任研究者でスウェーデンのカロリンスカ研究所の進化遺伝学者Hugo Zeberg博士は、これらの遺伝子変異の保有者が臨床的に影響を受ける可能性があると述べた。血液凝固阻止剤ワーファリンや抗けいれん剤フェニトインなどの標準的な量の薬剤は、ある種の酵素活性の低い人では毒性を示す可能性があるのである。

「これは、ネアンデルタール人との混血が、臨床に直接影響を与える一つのケースです。そうでなければ、ネアンデルタール人の遺伝子変異を持つ人には治療用量が毒性になります」と、Hugo Zeberg博士は語っている。

遺伝子検査の進歩により、我々の直接の祖先、つまり何万年もかけて地球の隅々まで放浪してきた人々が、どの程度交わりを持っていたかが分かってきている。

このような交配によって受け継がれた遺伝子の遺産は、まだ完全に解明されていない。しかし、研究者たちは、長い間行方不明になっていた集団で進化した遺伝子が、私たち自身の生物学の違いにどのように寄与しているのか、ヒントを年々発見しているのだ。

多くの場合、このような違いはごく些細なことかもしれない。しかし、先祖代々の酵素やタンパク質チャネルが私たちの健康にどのような影響を及ぼすかということになると、その進化についてできる限り知っておくことが重要となる。

CYP2C9は、チトクロームP450をコードする遺伝子で、肝臓にある酵素のスーパーファミリーであり、炎症からてんかんまで、あらゆる治療に使われるさまざまな医薬品を分解する役割を担っている。

また、CYP2C9は、20種類のユニークなコーディングの結果、微妙に異なる形状をしている。

もちろん、これらの構造の違いの中には、医薬品を代謝するのに適したものとそうでないものがあります。つまり、あなたが受け継いだCYP2C9のバージョンによって、服用した医薬品が体内でどのくらい長持ちするかが決まる可能性があるのです。

実際、CYP2C9*2と呼ばれるタイプは、より一般的なCYP2C9*1遺伝子変異体よりも活性が70%低く、CYP2C9*2の保有者は一部の医薬品をよりゆっくり代謝する可能性があることを意味しています。

CYP2C9*2は、CYP2C8*3として分類される他の変異型と一緒に、特に同じ家族の中で頻繁に出現するようです。このことは、両者が何万もの塩基を隔てているという事実がなければ、それほど奇妙なことではないだろう。

Zeberg博士とその共同研究者たちは、ネアンデルタール人のゲノムをルーツとして、146家族から得られた配列を比較し、他の現代人や祖先の遺伝子データベースから得られた同様のコードとどの程度異なっているのかを調べた。

その結果、P450シトクロムをコードする2つのシトクロム遺伝子の変異体を含むDNA領域は、ネアンデルタール人のものと十分に近く、この2つの遺伝子は数万年前に我々の家系に混じって受け継がれたことはほぼ間違いないことが判明したのだ。

研究者たちは、この発見が、ワーファリンやスタチンなどの薬物療法を行う際の大きな違いにならないかもしれないと述べている。専門医はすでに、私たちが気難しい薬をどのように処理するか、頻繁に血液検査を行い、投与量が妥当な範囲に保たれているかどうか、注意深く見守っているのである。

ヨーロッパでは、約12%の人がこれらの遺伝子変異を持っていると推定される。研究者らは最終的に、これらの知見が臨床診療に直接影響を及ぼすべきものではないとしているが、その代わりに、祖先の違いが治療成績にどのような影響を及ぼすかを説明するのに役立つとしている。また、このような重要な酵素の変異の起源を追跡すれば、酵素が進化した環境をよりよく理解することができ、今日の健康の多様性を理解するのに役立つ文脈を加えることができるかもしれない。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする