AppleがmacOS Ventura 13.0のパブリックベータをリリース

Appleは、現在開発中で次期リリース予定のmacOS Ventura 13.0のテスター向けとなるパブリックベータをリリースした。

WWDC 2022において、パブリックベータは7月と予告されていたため、予告通りのリリースとなる。

合わせて、iOS 16及びiPadOS 16を初めとする他のソフトウェアもパブリックベータが公開されている

macOS Ventura パブリックベータのダウンロードとインストール方法

macOS Venturaのパブリックベータをインストールする方法は以下の通りとなる。

  1. デバイスをダウングレードする場合に備えて、Macの新しいバックアップを作成しておく。
  2. MacでAppleのベータソフトウェアプログラムのウェブサイトにアクセスする。
  3. 右上のサインインをクリックし、まだサインインしていない場合はサインインする。
  4. 中央の「はじめよう」から各デバイスのページに飛べるので、macOSを選択する。
  5. 下にスクロールすると、また「はじめよう」セクションがあるので、そこの「お使いのマックを登録」をクリックする。
  6. 次のページでさらに下へスクロールし、「macOS Public Betaアクセスユーティリティをダウンロード」をクリックする。
  7. ダウンロードフォルダにmacOSベータ版アクセスユーティリティが表示される。
  8. Access Utility.pkgをダブルクリックして、MacにmacOSベータ版プロファイルをインストールする。
  9. システム環境設定 > ソフトウェアアップデート」ウィンドウが自動的に起動し、macOS 13 Ventura betaが表示されるので、「ダウンロード」をクリックする。
  10. ダウンロードが完了すると、macOS Venturaをインストールするための新しいウィンドウが表示されるので、[続行]をクリックする。

macOS Venturaの新機能については以下を参照頂きたい。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする