Apple、新型チップ「M2」を発表 – CPU性能18%・GPU性能35%向上

Apple M2
©Apple

Appleは、6月6日(現地時間)より行われている開発者会議「WWDC 2022」において、同社独自チップ「M2」を発表した。

目次

M2は第2世代の5nmプロセスノードで構築、M1からの順当な進化

M2は、第2世代の5nmを使用して構築されており、CPU性能はM1から18%向上GPUはM1から35%向上しているという。また、Nerural EngineもM1から40%高速になっており、ワットあたりパフォーマンスが更に向上しているという。さらに、M1と比べて50%高いメモリ帯域幅と、最大24GBの高速ユニファイドメモリに対応。M2は、刷新されたMacBook Airとアップデートされた13インチMacBook Proに搭載される。

このM2の製造ラインは、A15 Bionicチップで用いられているラインと同じ物と考えられ、TSMCのN5Pノードで作られている可能性が高そうだ。N5PはAppleの言う「第1世代」に比べてパフォーマンスは向上するが、密度は向上しないため、写真を見る限りM1に比べてM2のダイサイズが拡大しているのは正確といえるだろう。

Apple WWDC22 M2 chip M1 chip 2up 220606
M2は、第2世代の5nmプロセスで製造され、M1より25パーセント多い200億個のトランジスタで構成されている(出典:Apple)
SoCM2M1
CPU高性能コア x 4(Avalanche?)
16MB共有L2

高効率コア x 4(Blizzard?)
4MB共有L2
高性能コア x 4(Firestorm)
12MB共有L2

高効率コア x 4(Icestorm)
4MB共有L2
GPU「次世代」
10コア
3.6TFLOPS
111Gigatexels/s
55Gigapixels/s

8コア
2.6TFLOPS
82Gigatexels/s
41Gigapixels/s
ニューラルエンジン16コア
15.8TOPS
16コア
11TOPS
メモリ
コントローラー
LPDDR5-6400
8x 16-bit CH
100GB/s メモリ帯域幅(統合)
LPDDR4-4266
8x 16-bit CH
68GB/s メモリ帯域幅(統合)
最大メモリ容量24GB16GB
エンコード/
デコード
8K
H.264、H.265、ProRes、ProRes RAW
4K
H.264、H.265
USBUSB4 / Thunderbolt 3
2x ポート
USB4 / Thunderbolt 3
2x ポート
トランジスタ200億個160億個
製造プロセス「第2世代 5nm」
TSMC N5P?
TSMC N5

トランジスタの増加、メモリの増加

M2のシステムオンチップ(SoC)設計は、強化された第2世代の5nmプロセスで構築され、M1より25パーセント多い200億個のトランジスタで構成されている。特筆すべき点として、LPDDR5のサポートが挙げられる。これにより、高いメモリクロックが得られ、結果的にM1より50パーセント高い100GB/sのユニファイドメモリ帯域幅を実現している。また、M2は最大24GBの高速ユニファイドメモリを備え、より規模が大きくより複雑なワークロードも処理できる。

Apple WWDC22 M2 SoC 220606
M2はM1より50パーセント高い100GB/sのユニファイドメモリ帯域幅を実現し、最大24GBの高速ユニファイドメモリで構成可能(出典:Apple)

高速化と電力効率の向上を両立

M2のCPUは、高性能コアのキャッシュが増加していることに加えて、高効率コアも強化されており、全体としてのパフォーマンスが向上している。具体的には、マルチスレッド性能がM1に比べて18パーセント向上したため、M2ではエフェクトを重ねた音楽制作や、写真に複雑なフィルタを適用するなど、CPUに負荷のかかるタスクをごくわずかな電力で処理できる。最新のWindowsノートパソコンの10コアチップと比較して、M2に搭載されたCPUは同じ電力レベルで約2倍のパフォーマンスを実現するという。また4分の1の電力で、Windowsパソコン用チップのピークパフォーマンスを達成する。最新のWindowsノートパソコンの12コアチップと比較すると、M2はわずか4分の1の電力で、その12コアチップのピークパフォーマンスの約90パーセントを提供する。

M2はまた、M1より2つ多い最大10コアのAppleの次世代GPUを搭載している。GPU自体もより大きくなったキャッシュと、より高くなったメモリ帯域幅との組み合わせにより、10コアGPUはグラフィック性能の大幅な向上を実現し、同じ電力レベルでM1より最大25パーセント高いグラフィック性能と、最大の電力レベルで最大35パーセント高いパフォーマンスを達成している。最新のWindowsノートパソコン用チップの統合型グラフィックスと比べ、M2のGPUは同じ電力レベルで2.3倍高速なパフォーマンスを実現し、5分の1の電力でそのピークパフォーマンスを達成する。M2のワット当たりのパフォーマンスの向上により、システムは並外れたバッテリー駆動時間を実現し、グラフィックスを駆使するゲームをプレイしたり大量のRAW画像を編集したりするときでさえ、システムが熱くならず静かに動作することができるという。

Appleの次世代のカスタムテクノロジー

M2はAppleの最新のカスタムテクノロジーをMacにもたらし、新たな機能やより高度なセキュリティなどを実現する。

  • Neural Engineは1秒間に15兆8千億回の演算が可能で、M1より40パーセント以上増加。
  • メディアエンジンは、8K H.264およびHEVCのビデオに対応する、より帯域幅の高いビデオデコーダーを搭載。
  • AppleのパワフルなProResビデオエンジンは、4Kと8K両方の複数ビデオストリーム再生を可能にする。
  • Appleの最新のSecure Enclaveは、最高クラスのセキュリティを提供。
  • 新しい画像信号プロセッサ(ISP)は、より優れたノイズ低減を実現。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする

目次