Intelの第13世代CPU「Raptor Lake」と次世代HEDT「Sapphire Rapids」が10月以降の発売になるとの噂

Intelが2022年後半に発売を予定している次世代CPU「Raptor Lake-S」と、「Sapphire Rapids」に関して、発売日を含む新たな情報が報じられている。

IntelのHEDT向け「Sapphire Rapids」 Xeon W-3400 & W-2400 CPUは 2022年第4四半期に、第13世代「Raptor Lake-S」CPUは2022年10月発売か

Intelが2022年の発売に向けて、HEDTとメインストリーム向けの新型デスクトップCPUに取り組んでいることは、周知の事実だろう。Intel HEDTのラインナップは、Xeon W-3400およびXeon W-2400シリーズSKUとしてブランド化される新しいSapphire Rapidsチップで構成され、メインストリームラインナップは、第13世代Raptor Lake-S チップで構成される予定である。

Intel HEDTのラインナップは、コードネーム「Fishhawk Falls」と呼ばれるW790プラットフォームに対応し、メインストリームHEDTからプレミアムHEDTパーツまで、さまざまなチップに対応する予定とされる。一方、第13世代Raptor LakeデスクトップCPUは、既存の600シリーズマザーボードと互換性を保ちつつ、新しい700シリーズボードプラットフォームに対応するのが特徴だ。

HEDT向け「Intel Sapphire Rapids」デスクトップCPU

Intel Sapphire Rapidsファミリーは、メインストリームクラスHEDTが最大24コア、プレミアムクラスHEDTが最大56コアで構成されると言われている。これらのチップは、すべて単一の「Golden Coveコアアーキテクチャ」を採用し、メインストリームのデスクトップSKUのようにPコアとEコアのハイブリッド処理は行われない。メインストリーム・ファミリーは、プレミアム・ファミリーと比較して、DDR5メモリ・チャネル数、PCIeレーン数、およびIOが少なくなることが予想される。

Sapphire Rapidsのプレミアムクラスで期待される機能
  • 最大56コア/112スレッド
  • LGA 4677ソケットサポート(デュアルソケットマザーボードの可能性あり)
  • PCIe 5.0×112レーン
  • 8チャンネルDDR5メモリ(最大4 TB)
Sapphire Rapidsのメインストリームクラスで期待される機能
  • 最大24コア/48スレッド
  • 最大5.2GHzのブーストクロック
  • 最大4.6GHz全コアブースト
  • LGA4677ソケットのサポート
  • PCIe 5.0×64レーン
  • 4チャンネルDDR5メモリ(最大512 GB)

噂では、IntelがSapphire Rapids HEDTファミリーの発売を第4四半期に延期し、10月に発売される可能性が高いとしている。どちらのCPUセグメントも、W790を搭載した新プラットフォームに対応するのが特徴だ。

Intel HEDTプロセッサーファミリー

SAPPHIRE RAPIDS-X? (SAPPHIRE RAPIDS EXPERT)ALDER LAKE-X? (SAPPHIRE RAPIDS MAINSTREAM)CASCADE LAKE-XSKYLAKE-XSKYLAKE-XSKYLAKE-XBROADWELL-EHASWELL-EIVY BRIDGE-ESANDY BRIDGE-EGULFTOWN
プロセスノード10nm ESF10nm ESF14nm ++14nm以上14nm以上14nm以上14nm22nm22nm32nm32nm
フラッグシップSKU確認中確認中Core i9-10980XEXeon W-3175Xコアi9-9980XECore i9-7980XECore i7-6950XCore i7-5960XCore i7-4960XCore i7-3960Xコアi7-980X
最大コア/スレッド56/112?24/4818/3628/5618/3618/3610/208/166/126/126/12
クロック速度〜4.5 GHz〜5.0 GHz3.00 / 4.80 GHz3.10 / 4.30 GHz3.00 / 4.50 GHz2.60 / 4.20 GHz3.00 / 3.50 GHz3.00 / 3.50 GHz3.60 / 4.00 GHz3.30 / 3.90 GHz3.33 / 3,60 GHz
最大キャッシュ105 MB L345 MB L324.75 MB L338.5 MB L324.75 MB L324.75 MB L325 MB L320 MB L315 MB L315 MB L312 MB L3
最大PCI-Expressレーン(CPU)PCIe 5.0
112レーン
PCIe 5.0
65レーン
PCIe 3.0
44レーン
PCIe 3.0
44レーン
PCIe 3.0
44レーン
PCIe 3.0
44レーン
PCIe 3.0
40レーン
PCIe 3.0
40レーン
PCIe 3.0
40レーン
PCIe 2.0
40レーン
PCIe 2.0
32レーン
チップセットの互換性W790?W790?X299C612EX299X299X99チップセットX99チップセットX79チップセットX79チップセットX58チップセット
ソケットLGA 4677?LGA 4677?LGA 2066LGA 3647LGA 2066LGA 2066LGA 2011-3LGA 2011-3LGA 2011LGA 2011LGA 1366
対応メモリDDR5-4800?DDR5-5200?DDR4-2933DDR4-2666DDR4-2800DDR4-2666DDR4-2400DDR4-2133DDR3-1866DDR3-1600DDR3-1066
最大TDP〜500W〜400W165W255W165W165W140W140W130W130W130W
発売2022年第4四半期?2022年第4四半期?2019年第4四半期2018年第4四半期2018年第4四半期2017年第3四半期2016年第2四半期2014年第3四半期2013年第3四半期2011年第4四半期2010年第1四半期
発売価格確認中確認中138,000円50万円238,000円238,000円198,000円128,000円128,000円118,000円118,000円

メインストリーム向け「Raptor Lake」CPUファミリー

第13世代Intel Raptor Lake-SデスクトップCPUは、第12世代Alder Lakeと同じく「Intel 7」プロセスノードのハイブリッド設計を採用する。Pコア(高性能コア)は新しい「Raptor Coveアーキテクチャ」にアップグレードされ、Eコア(高効率コア)はキャッシュが若干改善される一方、全体のコア数も増加するという。最大コア数は、24コア32スレッド(Pコア8個+Eコア16個)であることがリークされている。TDPは従来品と同程度で、クロックは噂通り最大5.8GHzに達する見込みだ。また、キャッシュも大幅に強化されると見られる。

第13世代「Raptor Lake」デスクトップCPUで期待される機能
  • 最大24コア/ 32スレッド
  • 全く新しいRaptor Coveコアアーキテクチャ(より高性能なPコア)
  • 10nm ESF(Enhanced Super Fin)の「Intel7」プロセスノード
  • 既存のLGA1700マザーボードをサポート
  • デュアルチャネルDDR5-5600メモリのサポート
  • PCIe 5.0×20レーン
  • 強化されたオーバークロック機能
  • 125W PL1 TDP(フラグシップSKU)
Raptor Lakeの説明スライド

プラットフォームについて、IntelのRaptor Lake-SデスクトップCPUは、DDR5とDDR4の両方のメモリをサポートしており、AMDのDDR5のみのAM5プラットフォームに対して大きなアドバンテージを持つことになる。また、600シリーズ(Z690/H670/B650 & H610)のマザーボードと、新しい700シリーズのチップセット(Z790/H770/B760)で互換性を確保できるのもIntelのメリットとなる。Z790および第13世代Raptor LakeデスクトップCPUは、Z790マザーボードとともに、HEDT CPUのラインナップと同時期の10月に発売される予定だ。

メインストリームのH770とB760チップセットは2023年第1四半期までに発売されるが、H610はエントリー向けのPCセグメントに継承されるため、H710は生産されないという。新しい700シリーズマザーボードは、DDR4サポートを搭載すると噂されており、新しいラインナップにはPCIe 5.0 M.2スロットがあり、M.2およびdGPU用にPCIe 5.0をサポートするAMDのAM5プラットフォームと競合する。

AMD RaphaelとIntel Raptor LakeデスクトップCPUの比較(噂に基づく)

CPUファミリーAMD Raphael (RPL-X)Intel Raptor Lake(RPL-S)
プロセスノードTSMC 5nmIntel 7
アーキテクチャZen 4(チップレット)Raptor Cove(Pコア)
Gracemont(Eコア)
コア/スレッド最大16コア/32スレッド最大24コア/32スレッド
合計L3キャッシュ64 MB36 MB
合計L2キャッシュ16 MB32 MB
トータルキャッシュ80 MB68 MB
最大クロック周波数〜5.8 GHz?〜5.8 GHz?
メモリサポートDDR5DDR5 / DDR4
メモリチャネル2チャンネル(2DPC)2チャンネル(2DPC)
最大メモリ速度DDR5-5600DDR5-5600
DDR4-3200
プラットフォームサポート600シリーズ(X670E / X670 / B650 / A620)600シリーズ(Z690 / H670 / B650 / H610)
700シリーズ(Z790 / H770 / B760)
PCI Express 5.0GPUとM.2の両方(Extremeチップセットのみ)GPUとM.2の両方(700シリーズのみ)
統合グラフィックスAMD RDNA 2Intel Iris Xe
ソケットAM5(LGA 1718)LGA 1700/1800
TDP(最大)170W(TDP)
230W(PPT)
125W(PL1)
240W +(PL2)
発売2022年秋2022後半

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする