あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

MediaTekのDimensity 9000が現行Androidチップセットで最高の性能を記録

MediaTekの新型フラッグシップ システム・オン・チップ(SoC)であるDimensity 9000CPU性能が、ライバルのQualcomm Snapdragon 8 Gen 1やSamsung Exynos 2200を上回るというデータが報告された。

この記事の要点

Dimensity 9000がQualcommのSnapdragon 8 Gen 1やSamsungのExynos 2200を上回り最高性能を記録

Ice universe氏(@UniverseIce)がTwitterに投稿した内容は、スマートフォン向けフラッグシップSoCのGeekbench 5上のCPU性能スコアをグラフにしたものだった。

これによると、Android向けフラッグシップSoCのなかで、MediaTekのDimensity 9000が1,278(シングルコア)/4,410(マルチコア)というスコアを記録し、最も性能が高いとのことだ。
 
ちなみに、ライバルのSnapdragon 8 Gen 1は1,231/3,752、Exynos 2200は1,109/3,534との結果だった。
 
Dimensity 9000はSnapdragon 8 Gen 1よりも動作周波数が少し高く、発熱も少ないとのことで、その差がそのまま如実に表れてきた格好だ。
 
ちなみに、Exynos 2200は1世代前のSnapdragon 888(1,125/3,525)にも劣る結果となっている。

A15 Bionicにマルチコア性能で肉薄するDimensity 9000

一方、iPhone13シリーズなどに搭載されているAppleのA15 Bionicのスコアは1,750/4,885であり、すべてのAndroid向けSoCを上回るCPU性能を記録している。

しかしながら、Dimensity 9000とA15 Bionicのマルチコアスコアの差は9.7%となっており、以前のAndroid SoCとAppleのAチップとの差ほど大きくなくなってきており、A15 Bionicと同等のマルチコア性能というMediaTekの主張はあながち嘘とはいえないレベルになって来ているようだ。

ちなみに、Snapdragon 8 Gen 1については発熱のために負荷の高いゲームをプレイするとすぐに性能が落ちるという報告があるが、Dimensity 9000はMediaTekが発熱の少なさに自信があると述べており、実アプリでの性能にも期待ができそうだ。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share!!

スポンサーリンク

執筆者
Photo of author

masapoco

TEXAL管理人。中学生の時にWindows95を使っていたくらいの年齢。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題が得意だが、テクノロジー関係の話題も大好き。最近は半導体関連に特に興味あり。アニメ・ゲーム・文学も好き。最近の推しは、アニメ『サマータイムレンダ』

記事一覧を見る

コメントする

CAPTCHA