あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

ChatGPTで世界的な障害が発生し約2時間ダウン

OpenAIは、広く利用されている生成AIチャットボットサービス「ChatGPT」において重大な障害に見舞われ、全世界の1億人にものぼる膨大なユーザーベースが一時的に操作不能になった事を明らかにした。この障害は日本時間11月8日午後23時に発生し、OpenAIのAPIサービスにも影響を与え、11月9日午前0時50分頃に復旧するまで継続した。

障害中、ChatGPTのユーザーは、プラットフォームにアクセスすると、システムが現在最大容量で動作していることを示す注意メッセージが表示され、操作が不可能になっていた。OpenAIはエラーレポートでこの問題を認め、APIとChatGPTの両方でエラー率が上昇した問題の原因を特定したと説明している。

これ以前、週明けからOpenAIのDall-E画像生成サービスAPIはエラー率が上昇し、ユーザーに不便をもたらしていた。

5月にはChatGPTチャットボットが世界的な障害に見舞われ、数時間にわたってサービスにアクセスできなかったこともあった。

今回の障害は、OpenAIの最近の発表と重なるものだ。

OpenAIは今秋初の開発者カンファレンスを開催し、GPT-4 Turbo誰でも独自のバージョンのChatGPTを作成できることを発表した。この新しいGPT機能は、有料ChatGPT Plus加入者とOpenAIのエンタープライズ顧客が利用でき、彼らは従業員のためにChatGPTの社内専用バージョンを作ることができるようになる。

OpenAIのCEO Sam Altman氏は、開発者会議での新機能の発表以降、ChatGPTの使用率が「我々の予想をはるかに上回っている」と述べ、この先も問題が発生する可能性があると注意を促した。「負荷の関係で短期的にはサービスが不安定になる可能性がある」とAltman氏はXで述べている。


Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする