あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

私たちが空で目にする彗星のほとんどは、太陽系で生まれた。それらはオールトの雲の奥深くで形成されたかもしれないし、初めて太陽系内を訪れたものもあるが、明らかに太陽の子供である。太陽系外から来た天体は、オウムアムアとボリソフの2つしか知られていない。しかし、NSFヴェラ・C・ルービン天文台がオンラインになれば、それも変わるだろう。

恒星系について私たちが知っていることのひとつに、恒星系は破片を星間空間に投げ込む可能性があるということがある。惑星の軌道は星系の初期に劇的に変化することがあり、小惑星や惑星でさえも、星の引力から逃れるのに十分な運動エネルギーを与えることがある。小惑星や彗星のような小さな天体は、より簡単に脱出することができる。つまり、銀河系にはたくさんの星間天体が漂っているのだ。

しかし、太陽系を訪れる恒星間天体はどれくらいあるのだろうか?オウムアムアとボリソフは、太陽系内を通過したために偶然発見されたに過ぎない。オウムアムアは最大19等星、ボリソフはさらに明るい15等星だった。そして、一連の観測によって初めて、恒星間の軌道を決定することができた。ランダムな統計から考えると、恒星間天体は太陽系の外側で見つかる可能性が高い。つまり、星間天体はもっと暗く、見つけるのが難しいということだ。

DwFo5q WsAE96iw
太陽系を離れるオウムアムアの想像図。 (Credit: NASA)

ルービン天文台のプロジェクトのひとつに、太陽系の天体のカタログを作成する「時空間レガシーサーベイ(Legacy Survey of Space and Time: LSST)」がある。500万個以上の小惑星帯天体、30万個の木星トロージャン天体、10万個の地球近傍天体、4万個以上のカイパーベルト天体のデータを収集することが期待されている。ルービンは数日ごとに可視の夜空をマッピングすることができるので、これらの天体の多くは何百回も観測されることになる。これらの天体の位置や軌道を計算するためのデータもたくさん得られるだろう。太陽系の外側でも、星間天体は目立つだろう。

ルービン天文台のチームは、運用開始から1年以内に何十もの星間天体を発見するだろうと予測している。その運動やスペクトルから、これらの天体の起源や化学組成を研究することができるだろう。それによって、我々の惑星系を含む惑星系がどのように形成されるのかについて、より深い理解が得られるだろう。

何年も前に、太陽系外惑星を探査する最初のプロジェクトは、惑星系に対する我々の理解を一変させた。我々は、ほんの一握りの惑星しか知らなかったが、何千もの惑星を知るようになった。ルービンのLSSTプロジェクトは、同じように太陽系に対する我々の理解を一変させるだろう。LSSTは、太陽の家族だけでなく、時折太陽系外からやってくる惑星に関する最も詳細なデータベースを作成する。


この記事は、BRIAN KOBERLEIN氏によって執筆され、Universe Todayに掲載されたものを、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に則り、翻訳・転載したものです。元記事はこちらからお読み頂けます。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする