米規制当局、AIによる風評被害についてOpenAIの調査を開始

masapoco
投稿日
2023年7月14日 10:32
openai

米連邦取引委員会(FTC)が、ChatGPTやDALL-Eを開発したOpenAIの調査を開始したことが、Washington Post紙の取材でわかった。当局は、同社が大規模言語AIモデルから生じるリスクにどのように取り組んでいるかを示す文書を要求している。FTCは、同社が一般の人々のプライバシーやセキュリティ、評判を傷つける可能性のある「不公正または欺瞞的」行為によって消費者保護法に違反している可能性を懸念している。

同委員会が特に関心を寄せているのは、支払いやチャット履歴を含むChatGPTユーザーの機密データを流出させたバグに関連する情報だ。OpenAIは、影響を受けたユーザーの数は非常に少なかったと述べているが、FTCはこれがセキュリティ慣行の不備に起因することを懸念している。FTCはまた、AIが個人について虚偽または悪意のある発言を行ったとする苦情の詳細や、ユーザーが使用している製品の正確性をどの程度理解しているかを示す情報も求めている。

FTCはこの件に関してコメントを控えており、通常、調査について言及することはないが、以前、当局は、「生成AIは消費者に利益よりも害を与えることで法律に抵触する可能性がある」と警告していた。例えば、詐欺に使われたり、誤解を招くようなマーケティングキャンペーンを行ったり、差別的な広告につながったりする可能性がある。政府機関は、企業が違反していると判断した場合、罰金を科したり、一定の慣行を強制する同意命令を出したりすることができる。

AIに特化した法律や規則は近い将来には期待できない。それでも、政府はテック業界への圧力を強めている。OpenAIのCEOであるSam Altman氏は5月に上院で証言し、AIの利点を謳いながらプライバシーと安全対策について説明し、自社を擁護した。Altman氏は、保護措置は実施されているが、OpenAIは「ますます慎重になり」、安全対策をアップグレードし続けると述べた。

FTCがGoogleやAnthropicといった他の生成AI開発企業を追及するかどうかは定かではない。OpenAIの調査は、FTCが他のケースにどのようにアプローチするかを示しており、規制当局がAI開発者の精査に真剣に取り組んでいることを示している。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • hqdefault
    次の記事

    Stability AI、手書きスケッチから高品質な画像を生成するツール「Stable Doodle」をリリース

    2023年7月14日 11:16
  • 前の記事

    宇宙はこれまで考えられていたよりも100億年古く、実は267億歳だった可能性が新たな研究から示される

    2023年7月14日 10:10
    dark universe
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事