あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

英国はAI規制でもたつくとハイテク成長を失う危険性がある

英国政府は、人工知能(AI)の規制に関する白書を発表した

重要な一歩ではあるが、この白書だけでは英国がAIをフル活用する道筋をつけるには不十分である。政府は白書を用いて、将来の法案に関する提案を行う。白書は、さらなる協議と議論のためのプラットフォームとして機能し、法案が議会に提出される前に変更を加えることを可能にする。この問題に関して、英国は同盟国から大きく遅れており、成功は確実ではない。英国がその野望を実現するために緊急に行うべきことを概説する。

AI規制と経済成長は相乗効果であり、対立するものではない。AIの利用を安全かつ公正なものにしたいという願いと、イノベーションを起こし、生産性を向上させ、英国経済を活性化させようという動きは、重要な補完的目標だ。規制は、一般市民を守るために重要なだけでなく、AIへの将来の経済投資の約束にもつながっている。なぜなら、規制は企業にとって確実性、つまり計画や投資を構成するための枠組みを提供するからだ。

AI規制には、方向性の設定、拘束力のある要求事項の通過、具体的な技術標準への転換、そして執行という4つの段階がある。白書は、このプロセスの第1段階だ。白書では、説明責任や決定に異議を唱える能力など、AIの責任ある開発に必要な5つの原則を挙げている。しかし、EUと米国はすでにステップ3、つまり標準の設定に着手している。

目覚め

英国の企業や大学はAI研究の最前線にあり、同国にはスマートで評価の高い規制当局がある。しかし、英国は比較的行動が遅かった。EUは27の国家間で合意を得るのが早く、英国は2つの政府部門間で合意を得るのが早かった。米国は、連邦政府が分裂しているにもかかわらず、英国に先行して市場に参入した。

Rishi Sunak首相はこの問題に目覚め、今、物事を前進させようとしている。次のステップは、英国を国際的なAI標準設定に挿入し、AI保証(AIシステムが標準に準拠していることを確認するためのテストと監査)の成長市場を支えるために、国の規制当局が十分に調整されていることを確認することだ。

技術への信頼が不可欠である理由は、近年起こった数々の出来事が物語っている。数年前、オランダで生活保護の不正受給を摘発するためにAIが使われた。アルゴリズムによるリスク計算に基づいて、多額の罰則が適用された。その結果、何千もの家族の生活が台無しになった。

英国のAレベル採点騒動では、試験の成績が採点ではなく、アルゴリズムで決定された。約40%の生徒が予想より低い成績を受けた。

EUや米国での規格策定が急ピッチで進んでいる。EUはAI法の成立に向けて動き出している。これは、人の健康、安全、基本的権利に影響を及ぼす可能性のある「高リスク」とされるAI製品を販売するすべての企業に対して、ハイレベルな要件を設定するものだ。

これは、雇用、試験の採点、または医療で使用されるAIを対象とする。また、警察や重要なインフラストラクチャのようなセーフティクリティカルな環境におけるAIも対象となるだろう。EUはすでに技術基準の策定を開始しており、このプロセスは2025年1月に終了する予定だ。

米国は少し遅れてスタートしたが、連邦機関のNIST(国立標準技術研究所)を通じて、すぐに標準化プロセスを構築した。EUのAI法には、大きな罰金という重大な「棒」がある。米国版はもっとニンジンだ。連邦政府に売りたい企業は、NISTの標準に従わなければならないのだ。

バーの設定

EUと米国の基準が、世界の基準を決める。EUは4億5千万人の豊かな消費者を抱える市場であり、影響力のある「規制大国」である。

他の国もEUのルールを真似るだろうし、グローバル企業もその方が簡単で安いので、どこでもそのルールに従おうとするだろう。アメリカは3億3千万人の消費者を抱える市場であり、大手ハイテク企業が集まっているため、NISTの規格も影響力を持つことになる。

EUと米国には、つなぎを手配する動機がある。これは、EU-US貿易技術協議会を通じて実現することが出来る。

国際的な主な選択肢は、国際標準化機構(ISO)だ。そこでは中国が影響力を持つので、米国とEUが自分たちの規格を固定化し、ISOに既成事実として提示するのは理にかなっているかも知れない。

もし英国がこのプロセスで居場所を見つけられなければ、ルールメーカーではなく、ルールテイカーになりかねない。その代わりに、英国はEUと米国の間で取り決めを仲介し、これらの基準が設定される際にテーブルについているようにするべきだ。

英国の最近の国際技術戦略では、同盟国が容易に連携できるように、同様の「相互運用可能な」技術標準を提唱しています。これは、英国企業が米国やEUにAI製品やサービスを輸出するのに役立つだろう。

標準化されれば、数十億ポンド規模の「AI保証」の新市場が誕生する。しかし、フランクフルトやチューリッヒなどの都市がすでに動き始めているため、迅速に対応しなければならないだろう。

ダック・イン・ザ・ライン

英国には、AIシステムが倫理的で安全であることを評価し、保証するための世界有数のコンサルタント、監査人、弁護士、AI研究者がいる。しかし、このビジネスチャンスを生かすには、調整が必要だ。そうでなければ、異なる規制当局が特定のトピックを無視し、隙間ができてしまうかも知れない。また逆に、異なる規制当局が同じ問題を監督することで、混乱した重複が生じる可能性もある。

強力な中央機関が調整を監督し、リスクを評価し、規制当局をサポートする必要がある。しかし、企業は、どの規制当局が何をカバーし、どのようなタイムスケールで行うかを明確にする必要がある。

英国は、国際的なAI規制と標準が英国に利益をもたらし、経済成長を促進し、家族を保護し、新しい市場を創出する機会を得ている。スタート地点に立つのが遅かったとはいえ、イギリスはまだ追いつくことができ、さらには先頭を走ることもできる。


本記事は、Haydn Belfield氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「UK risks losing out on hi-tech growth if it falters on AI regulation」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

タグ

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする