世界的な写真コンテストで最優秀賞を受賞した作品がAI生成であることを明かし賞を辞退

masapoco
投稿日 2023年4月18日 10:14
monochrome camera

ある写真家が、人工知能(AI)の画像を世界的に権威のある写真コンテストで最優秀賞を受賞し、新たな論争を巻き起こしている。その後、彼は賞の受け取りを拒否し、コンテスト側はこの件に関して沈黙を守っている。

世界写真機構(WPO)が毎年開催しているSony World Photography Awards(SWPA)。オープン部門に応募された写真の中から、Boris Eldagsen氏の作品が受賞した。だがEldagsen氏は自分の作品がAIとのコラボレーションであることを明かした後に受賞を辞退している。

作品名「PSEUDOMNESIA: The Electricia」では、2人の女性がセピア調の写真に収められている。一人の女性は、もう一人の女性の背中に顔を寄せて、ほとんど隠れようとしているように見える。

3月14日にオープンコンペティションの受賞者が発表されると、Eldagsen氏は自身のブログで受賞の感想とAIについての見解を述べた。

「Sony World Photography Awards 2023 / Open Competition / Single Image のクリエイティブ部門を受賞したことを大変嬉しく思います。私は1989年から写真を撮り始め、2000年からフォトメディアアーティストとして活動しています。20年間の写真撮影の後、私の芸術的な焦点は、AIジェネレーターの創造的な可能性を探ることに移りました」と、受賞の喜びを語っていた。

もしEldagsen氏が受賞していれば、5,000ドルの賞金と撮影機材、WPOの書籍や展示会への出展権が得られたはずだ。また、露出やプロモーションの面でもメリットがあったはずだ。

だが、その後彼は、4月17日、受賞を辞退した。自身のWebサイトで、SWPAのオープン部門に応募した理由と、賞を辞退した理由をこう語っている。

“私の画像を選んでいただき、権威ある国際的なPHOTOGRAPHYコンテストで優勝した最初のAI生成画像として、歴史的な瞬間になったことを感謝します。AIが生成したものだと知っていた、あるいは疑っていた人はどれくらいいるのでしょうか。何か腑に落ちないですよね?

AI画像と写真は、このような賞で競い合うべきではありません。両者は異なる存在なのだから。AIは写真ではありません。したがって、私はこの賞を受け取りません。

私は生意気な猿として、コンペティションがAI画像の応募に対応しているかどうかを調べるために、応募しました。そうではありません。私たち写真界は、オープンな議論を必要としています。何を写真とみなし、何を写真とみなさないかについての議論です。写真の傘は、AI画像を応募させるのに十分な大きさなのか、それともそれは間違いなのか。受賞を拒否することで、この議論を加速させたいと思います。”

「オープンコンペティションのクリエイティブ部門は、シアノタイプやレイヨグラフから最先端のデジタル手法まで、画像制作における様々な実験的アプローチを歓迎します。そのため、Borisとのやり取りや彼が提供した保証書の内容から、彼の作品はこの部門の基準を満たすと感じ、彼の参加を支持しました」と、世界写真機構の広報担当者は述べている。組織は当初、Eldagsen氏とのQ&Aを実施する計画さえ立てていたが、その後中断され、Eldagsen氏の希望により、コンペティションのWebサイトから削除されたという。

Eldagsen氏は、AIが生成したアートを “co-creation”と表現している。それは、「私の豊富な写真知識を活用したプロンプトエンジニアリング、インペインティング、アウトペインティングの複雑な相互作用の結果である」としている。Eldagsen氏の考えでは、彼自身の役割はAIに何をすべきかを指示する “監督”であるとのことだ。

これが、アートにおけるAIの位置づけに関する議論を加速させるかどうかは、まだわからない。しかし、この演出が、この話題に新たな息吹を与えたことは間違いないだろう。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です