あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

経済協力開発機構(OECD)は、“AI革命”によって、法律、医療、金融といった熟練した職業の雇用が失われる可能性があると警告する報告書を発表した。報告書によれば、最もリスクの高い職種は、OECD加盟38カ国の雇用の約27%を占めるという。

製造業と金融分野におけるAIの活用に関するOECDの最初の調査結果は、緊急に対策を講じる必要性を強調している。OECDは、国、企業、個人がAIから利益を得られるようにする一方で、関連するリスクにも対処できるような政策の実施を呼びかけている。

報告書では、AIが一部の人間の仕事に取って代わる可能性が大きく、賃金の低下や雇用の喪失を招く可能性があることを強調している。金融、医療、法律などの職業は、長年の教育を必要とすることが多く、意思決定のために蓄積された経験に大きく依存しているため、AIの自動化に対して特に脆弱になる可能性がある。

AIの進歩により、AIが生み出す生産物が人間の生産物と見分けがつかなくなる可能性が出てきたため、主要経済は大きな変化に直面する可能性がある。OECDの2023年雇用見通しでは、こうした新技術の急速な進歩とコストの低下により、OECD経済は職場を根本的に変える可能性のあるAI革命の瀬戸際にいる可能性があると指摘している。OECDは、AIが職場で責任を持って信頼できる方法で使用されるよう、早急な対応を求めている。

AI革命の潜在的なマイナス面を軽減するために、OECDは労働者にAIの導入と使用に関するトレーニングを推奨している。AIの開発と導入が加速するにつれ、新たなスキルが求められる一方で、他のスキルが陳腐化したり、変化したりする可能性がある。報告書は、政府が雇用主により多くのトレーニングを提供するよう動機付け、AIスキルを教育に取り入れ、AI労働者の多様性を促進することを提案している。

しかし、報告書はAIのポジティブな側面も強調している。AIは面倒な作業や危険な作業をなくし、より魅力的で安全な作業を生み出す可能性を秘めている。報告書は、仕事におけるAIの利用が、仕事の満足度、健康、賃金の面で労働者に良い結果をもたらす可能性があると指摘している。

とはいえ、AIを活用する企業の主な目的は、労働者のパフォーマンス向上と人件費削減であると報告している。このことは、高度な教育を必要とする高賃金の仕事が最も影響を受ける可能性があることを示唆している。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする