あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

NVIDIAは、Foxconnと協力してAI産業革命を加速させると発表した。FoxconnはNVIDIAの技術を統合し、自動運転車、自律機械、産業用ロボットの開発を加速するスーパーコンピューティング能力を提供する新しいクラスのデータセンターを構築する予定だ。

今回の提携について、NVIDIAのJensen Huang最高経営責任者(CEO)は次のように述べている:

新しいタイプの製造業が出現しました。そして、それを生産するデータセンターはAI工場なのです。世界最大のメーカーであるFoxconnは、AI工場を世界規模で建設するための専門知識と規模を持っています。私たちは、AI産業革命を加速させるために、Foxconnとの10年にわたるパートナーシップを拡大できることを嬉しく思います。

FoxconnがNVIDIAの技術を使って取り組んでいる具体的なスマートソリューションには、自律走行車フリート用のNVIDIA DRIVE Hyperion 9をベースにしたFoxconn Smart EV、NVIDIA Isaacで構築されたFoxconn Smart Manufacturingロボットシステム、NVIDIA Metropolisインテリジェントビデオ分析プラットフォームを使用したFoxconn Smart Cityなどがある。

最後にNVIDIAは、Foxconnがグローバルな顧客向けにNVIDIAハードウェアをベースとしたシステムを構築すると述べている。Foxconnが積極的に活用しようとしているNVIDIA技術には、NVIDIA H100 Tensor Core GPU、NVIDIA GH200 Superchips、NVIDIA OVXリファレンスデザイン、NVIDIAネットワーキングなどがある。

このハードウェアを使用するFoxconnの顧客は、生成的なAIサービスを提供し、シミュレーションを使用して、産業用ロボットを含む自律走行車をより迅速に訓練することができるようになるとのことだ。

Foxconnのテック・イベントのステージで、CEOのYoung Liu氏は、さまざまな業界にわたってAI工場を拡大することで、「製造サービス企業からプラットフォーム・ソリューション企業へ」転換するというFoxconnの目標を語った。Foxconnはまず3つのプラットフォームをターゲットにしている:スマートEV、スマートシティ、スマート製造だ。

「これは、データを入力し、出力としてインテリジェンスを生成する工場です。将来的には、あらゆる産業、あらゆる企業がAI工場を持つことになるでしょう」と、Liu氏は語った。


Sources

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする