あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Starship打ち上げで州立公園の大部分が火事に見舞われる

SpaceXは、今月初めにようやくStarship宇宙船の最初のテスト飛行を実施した。宇宙船は無事に着陸したものの、爆発的な軌道上試験発射は、周囲に大きな痕跡を残したようだ。

連邦政府機関によると、この打ち上げによって隣接するボカ・チカ州立公園の土地で3.5エーカーの火災が発生したとのことだ。炎は既に鎮火しているとのこと。SpaceXは、分離に失敗した後、安全上の理由から上空で爆破せざるを得なかったロケットの破片が、数平方kmの土地に渡って発見されたと述べている。米国魚類野生生物局(US Fish and Wildlife Service)のテキサス支部はBloombergに、「保護区が所有する土地では破片は確認されなかったが、SpaceX社の施設とボカ・チカ州立公園で約385エーカーにわたって破片が確認された」と述べている。

同庁は、鳥や野生動物の死骸の証拠は見つからなかったが、専門家はすでに、騒音と瓦礫が地元の鳥の餌場と巣が崩壊していることは発見しているという。また、絶滅危惧種法の遵守を確保しつつ、現場の評価と打ち上げ後の勧告について、連邦航空局と協力しているところだ。

SpaceX社がテスト打ち上げを急ぎ、プロセスの重要なステップをスキップしていたことを示す証拠が増えているという。

例えば、Elon Musk氏率いる同社は、ロケットの排気を方向転換するための火炎転換器や溝を設置せずにロケットを打ち上げたことを専門家が指摘している。

Musk氏自身は、SpaceXが「打ち上げマウントの下に敷く巨大な水冷式の鉄板」の製作を始めたが、”間に合わなかった”と明かした

つまり、SpaceXがもう少し真剣に下調べをしていれば、周辺地域の被害の少なくとも一部は避けられた可能性が高いということだ。

CNBCが入手した声明によると、連邦航空局はその後、「災難に関連するあらゆるシステム、プロセス、手順が公共の安全に影響しない」ことを確認できるまで、Starshipを運行停止にしている。

Starshipを再び軌道に乗せようとする前に、SpaceXが教訓を得たかどうか、あるいは規制当局が再挑戦を許可するかどうかは、まだ不明だ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする