ソフトウェアエンジニアはAIとの激しい競争の脅威にさらされている

masapoco
投稿日
2024年1月16日 12:11
programmer

ソフトウェアエンジニアリングの職業は、かつては高給と職の安定性の象徴であったが、現在は市場の低迷、大量解雇、そして人工知能(AI)の出現により、大きな課題に直面している。これにより職に対する激しい競争と業界全体の不確実性が高まっている。

日本ではあまりそうしたイメージがないが、GoogleやMicrosoftなど、世界を席巻するハイテク大手企業が数多く存在する米国においては、ソフトウェアエンジニアリング職は高給取りの代名詞だった。例えば、Googleのエントリーレベルのポジションでは年間20万ドルに加えて追加の特典が提供され、OpenAIのL5エンジニアは年間90万ドル以上を稼ぐことができた。しかし、これらの高給にもかかわらず、ソフトウェアエンジニアは市場の方向性について懸念を抱いている事が、Motherboardによって伝えられている。

lalayoffs.fyiの報告によると、テック業界では2022年に約16万5000人、翌年には26万2682人が解雇された。既に2024年初旬までに、27の技術会社が既に4541人を解雇しており、その中にはAmazonからの数百人も含まれている。

そして、ChatGPTに代表される生成AIの出現は、こうしたソフトウェアエンジニアに大きな影響を与えている。一部ではプロジェクトの時間短縮に役立つツールとして有益であると見なされているが、職の安定性に与える影響は否定できない。Stability AIのCEOであるEmad Mostaque氏は、2025年までに生成AIの影響でインドのアウトソーシングされたコーディングの仕事の大部分が消滅すると予測している

そして今回、Blindという匿名のオンラインプラットフォームで認証済み従業員による9,338人のソフトウェアエンジニアを対象に行われた調査によると、90%がパンデミック前と比べて仕事を見つけるのが難しくなっていると考えており、そのうち66%が「はるかに困難だ」と回答している。さらに、参加者の80%が過去1年間で職市場がはるかに競争的になったと感じている。現在のポジションを失った場合、同等の報酬で新しい仕事を見つけることに「非常に自信がある」と回答しているのはソフトウェアエンジニアのたった6%だけであり、32%は全く自信がないと答えている。

厳しい職市場の状況は、失業中のソフトウェアエンジニアの経験からも明らかである。3月に仕事を失ったあるエンジニアは250以上のポジションに応募したが、成功しなかったと、Motherboardに語っている。別のエンジニアは、リクルーターからの仕事のオファーが減少し、大学でコンピューターサイエンスを専攻した決定が「非常に無邪気だった」と反省し、状況を「非常に激しい競争がある」と表現している。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • robot hand and human hand
    次の記事

    国際的な機関がAI規制を監督する必要があるが、それがどのようなものか慎重に考える必要がある

    2024年1月16日 13:30
  • 前の記事

    Apple、米国でのMasimoの特許侵害紛争解決に向けて血中酸素濃度測定アプリを削除へ

    2024年1月16日 10:30
    Apple Watch double tap 3 up big.large 2x
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事