あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Googleフォトユーザーによると、自分のライブラリ内の過去の写真の中に、奇妙な物体が映り込んでいたり、写真が“破損”しているものが見られるようで、ここ数日多くの事例がネット上で報告されている。

9月24日頃、Googleフォトのユーザーの一部から、何年も前の写真(およそ5年以上前)に線や深い亀裂が走っていたり、写真の一部に以前は見られなかったぼやけた部分や歪んだ部分があるとの報告が相次いだ。その多くは気付きにくい物だが、中には大きくダメージを受けている画像もあり、パターンも様々のようだ。

なんとも奇妙なことに、デジタルデータにもかかわらず、この損傷は写真が浸水した際に現れる現象にも似ている。

message 180823475 1021282997830178327
亀裂のような物が複数見られる(Image Credit: AndroiFy)

影響の範囲はAndroid、iOS、およびWeb用のGoogleフォト全体で報告されている。これはどうやら、個別のダウンロードとGoogle Takeoutを使用する場合の両方に当てはまるようだ。幸い写真のオリジナルデータは影響を受けていないよう模様。

既にこの問題は一部の人にとっては収束したようだが、依然影響を受けている人もまだまだいるようだ。すべてのユーザーがこの問題を抱えているわけではないようだが、かなりの数のユーザーに影響があるものとみられる。

なお、この影響についてGoogleからは今のところアナウンスは出ていない。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする