あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

富士通と国立開発法人理化学研究所は、日本で2台目となる量子コンピュータを開発したと発表した。この新しい64量子ビット(qubits)の超伝導量子コンピュータは、40量子ビットの量子コンピュータシミュレータと統合される予定だ。この統合の主な目的は、量子システムが正確な結果を提供する能力を妨げてきたエラーを排除することである。

量子コンピュータについては、IBMやAlphabetなどの主要なテクノロジー企業、さらには各国政府も、この研究に積極的に投資している。特に、これらの量子マシンは、最速のスーパーコンピュータを凌駕する可能性を秘めているとされている。

量子ビットは、量子コンピューティングの基本的な単位であり、これらのマシンの驚異的な処理能力に不可欠である。日本で2台目の量子コンピュータが成功裏に開発されたことは、量子技術における世界的なリーダーになるという競争において、重要な一歩となる。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする