Sam Altman氏の虹彩認証仮想通貨「Worldcoin」がいよいよ開始

masapoco
投稿日 2023年7月25日 18:13
FireShot Capture 222 Download the app worldcoin.org

OpenAIのCEOであるSam Altman氏、Max Novendstern、Alex Blania氏らによって2019年に設立されたWorldcoinが、いよいよ本日よりサービスの展開を開始した。

「成功すれば、Worldcoinは経済的機会を飛躍的に増大させ、プライバシーを守りながらオンラインで人間とAIを区別するための信頼できるソリューションを拡大し、グローバルな民主的プロセスを可能にし、最終的にはAIが資金を提供するユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)への潜在的な道筋を示すことができると信じています」と、同社は公式ブログの投稿で述べている。

Worldcoinは、AIと人間を見分け、トークンを与えるために「オーブ」と呼ばれる眼球スキャン装置を使用している。しかし、問題がある。米国の規制当局は、暗号通貨のようなデジタル資産が投機や詐欺に悪用されることを懸念している。このため、Worldcoinのトークンはまず米国では利用できない。

Worldcoinは2つの主要コンポーネントで構成されている:プライバシーを重視したデジタルIDであるWorld IDと、法律で認められているWLDと呼ばれるデジタル通貨だ。

月曜日の取引開始と同時にWLDの価格は上昇した。世界最大の取引所であるBinanceで最高値の5.29ドルをつけた。BinanceのWebサイトに報告されているように、WLDの総取引量は2,510万ドルだった。

このスタートアップは総額で約2億5000万ドルを集め、Andreessen Horowitz、Khosla Ventures、Reid Hoffmanなどの投資家から支援を受けている。2021年、同社はより公平なグローバル・インターネット駆動型経済を構築するため、トークン(WLD)を発表した。これはレイヤー2のEthereumベースの暗号通貨で、独自の経済を持つ。Worldcoinは、World IDを使用してオンラインで人間の身元を確認し、虹彩スキャンでボットや偽の身元に対抗することを目指している。2021年10月に2,500万ドルを調達し、さらに半年以内に1億ドルを調達し、トークンの価値を30億ドルに押し上げた。2023年5月には、ボット検知、研究、プロジェクトの拡大に投資するため、さらに1億1500万ドルの資金調達を発表した。

暗号への期待

プライバシーに関する懸念はあるものの、ChatGPTで成功を果たしたAltman氏は暗号通貨の可能性を信じている。暗号通貨には不安定な歴史があり、FTXの崩壊のような最近の出来事は暗号市場にマイナスの影響を与えた。しかし、市場は回復しつつある。

外的要因や潜在的な規制により、暗号通貨の今後の成長は不透明だが、全体的には業界の拡大が見込まれている。多くのリーダーが暗号製品に投資しているが、これはデジタル通貨の将来の成功に対する自信の表れであろう。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • chatgpt android app
    次の記事

    Android版ChatGPTアプリがまずは米国を含む4カ国でリリース

    2023年7月26日 6:08
  • 前の記事

    OpenAIとNVIDIA、1,000万個のGPUを利用する未来の大規模言語モデルで協力と伝えられる

    2023年7月25日 17:32
    NVIDIA GeForce GPU 1 very compressed scale 2 00x Custom

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事