パガーニが新型ハイパーカー「ユートピア」を発表 – V型12気筒とマニュアルトランスミッションを搭載

masapoco
投稿日
2022年9月17日 16:17
utopia2202

パガーニは、最新のハイパーカー「ユートピア」を発表した。同社にとって3番目のモデルであるユートピアは、電動パワートレインを搭載していない。この自動車は、時代の流れに逆らうかのように、非常に強力なV型12気筒エンジンを搭載している。

パガーニの最新作は、今までの同社のハイパーカーと同様に、創業者のHoracio Pagani氏が、理想的なハイパーカーを設計し製造しようとし、最も大切な顧客たちを対象に、自分たちのクルマに何が欠けていると感じているかを調査し、開発されている。調査の結果、3つのことが浮かび上がったことは、「シンプルさ、軽さ、そして走る歓び」だという。

ユートピアは、ゾンダやウアイラといった先代モデルと大きな違いはないが、これまでで最も合理的な取り組みであることは間違いないだろう。バブルコックピットや巨大なフェンダーなど、近未来的なレーシングカーのようなルックスはそのままに、装飾を排した滑らかさが際立っている。このような微妙な変化により、過去のモデルよりもエレガントでエアロダイナミックなクルマに仕上がっている。

バタフライドアを開けると、カーボンファイバー製の軽量なエクステリアと同様に、大胆なキャビンが現れる。ドライバーズコックピットにはスピードメーターの横にデジタルディスプレイがありますが、センタースタックの上に巨大なタッチスクリーンのインフォテインメントディスプレイではなく、アナログのメーターやダイヤルを採用しており、レトロフューチャーな雰囲気が漂っています。ステアリング・ホイールも1つのアルミニウム・ブロックから作られている。

ユートピアに搭載されるのは、AMG製の6.0リッターV型12気筒ツインターボ。この強力なエンジンは、7速マニュアルまたは7速オートマチックマニュアルトランスミッションと組み合わされる。どちらのギアボックスを選んでも、リアホイールに852馬力と1100Nmを供給する。フロント21インチ、リア22インチの印象的なアロイホイールには、ブレーキの冷却に役立つタービンベーンが取り付けられている。しかし、カリフォルニア州の厳しい排ガス規制をクリアできるほどクリーンなパワープラントでもあるようだ。

このハイパーカーには、パガーニが独自に開発した複合材料と高強度金属を混合したカーボチタン製のモノコックシャシーと、クロム合金製のフロントおよびリアサブフレームも採用されています。さらにクワッドエキゾースト、ダブルウィッシュボーンサスペンション、フロント6ピストン、リア4ピストンキャリパーのカーボンセラミックブレーキが装備されています。パガーニは可能な限り余分な重量を減らすことに努め、その結果、車重はわずか1,280kgとなった。

パガーニは、ユートピアをわずか99台しか製造しない予定だ。自動車メーカーは価格やスケジュールを発表していないが、Car and Driverによると、生産台数はすでにすべて注文で埋まっているとのことだ。少なくとも2台は、そう遠くない将来、オークションに出品されることだろう。ただ、1億円以上の価格は確実なようだ。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • image 4976510
    次の記事

    ソーラーEV「Lightyear 0」が世界一のエアロダイナミクスを実現

    2022年9月17日 17:20
  • 前の記事

    SMIC が 14nmノードを量産、5nm と 7nm の開発についても言及

    2022年9月17日 6:26
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • electric vehicle

    自動車会社は電気自動車の将来に悲観し始めている

  • ethiopia

    エチオピアが内燃機関自動車を禁止する最初の国になる

  • Mercedes-Benzが人為的ミスにより驚異的な量の企業秘密やソースコードを全世界に公開してしまう

  • DB2024AU00019 large

    Vokswagen、車載音声認識システムにChatGPTを統合し会話を豊かにする

  • amd ryzen embedded v2000a versal ai edge xa 3840px

    AMD、車載チップ「Ryzen Embedded V2000A」シリーズ及び「XA Versal AI Edge」を発表

今読まれている記事