あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

OpenAIのCEO、“時代後れのGoogle検索”を置き換える検索エンジンの開発を示唆、広告に頼らないビジネスモデルを模索か

OpenAIのCEOであるSam Altman氏は、ChatGPTと検索機能を組み合わせてインターネット検索を再発明するというアイデアを持っており、Googleに取って代わることを目指している可能性がある。

Lex Fridman氏のインタビューにおいて、Altman氏はChatGPTの今後の展望についてその片鱗を少し明かした。彼はGoogleの現在の検索結果の表示方法を時代後れだと考えており、検索を再発明したいと語っている。「私にとってエキサイティングなのは、Google検索のより良いコピーを作ることではなく、人々が情報を見つけ、行動し、統合するのを助ける、もっと良い方法があるかもしれないということです」とAltman氏は語った。 ChatGPTは、すでに代替となるユースケースの一例であり、OpenAIはこれをさらに多くのユースケースに拡大したいと考えている。それは、ユーザーが欲しい答えや情報を得るのを助けることであり、ある場合にはそれを生成し、ある場合には要約し、またある場合には参照する、とAltman氏は述べている。 「世界はもうGoogleのコピーを必要としていないと思います」。

Googleよりも優れた検索サービスを構築することは、技術的にも、ブランディングやエコシステムの面でも、大きな挑戦だ。Googleのコピーよりもクールなものは何かと尋ねられたAltman氏は、言語モデルをインターネット検索機能と組み合わせることに興味があり、OpenAIはそれをうまく行う方法に興味があると答えた。

「それはクールなものの一例でしょう。LLMと検索の交差点は、まだ誰もコードを解読していないと思う。私はそれをやってみたい。クールだと思います」と、Altman氏は語る。

彼はまた、OpenAIは美的理由から広告に頼る必要はないと考えている。インターネットを軌道に乗せるために様々な理由で広告が必要になってきたが、それは一時的な現象だとAltman氏は考えている。

彼は、ユーザーがChatGPTにお金を払い、答えが広告主の影響を受けないと言う現状を気に入っているとのことだ。「ChatGPTがあれこれ製品を買えとか、あそこで休暇を取れとか言うようなディストピア的未来を想像するのは簡単です」、とAltman氏は言う。

OpenAIによる検索エンジン開発は以前から報じられていた。噂ではMicrosoftのBing検索を部分的にベースにしていると言われているが、Web検索がChatGPTとは別の製品になるのか、それともすでにBingに統合されているのかはまだ明らかになっていない。

ChatGPTの現在のWeb検索はまだ遅く信頼性に欠けるため、OpenAIによる最適化された別個の検索製品は理にかなっているかもしれない。Microsoft自身も、検索エンジン市場でGoogleからシェアを奪うことにも興味を持っており、Bingに様々な機能を追加したり、Copilotの機能を強化しているがまだ実現には至っていない。

OpenAIのWeb検索製品は、映画チケットの予約など、インターネット上で独自にタスクを実行するAIエージェントと連動する可能性がある。Googleもまた、従来の検索を補完するものとして、エージェントの将来の可能性を見ている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする