あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

ChatGPTの開発元であるOpenAIのCEO Sam Altman氏は、欧州連合(EU)が現在策定中のAI規制法案が、その過剰な規制を引き下げなければ、同社はEUから撤退する可能性があると述べている。

ChatGPTは2022年にのリリース移行、瞬く間にEU圏でも利用が進んだが、このままでは利用が出来なくなる可能性もあるようだ。Altman氏は、University College Londonで最近行われた講演で、同社は撤退するつもりはないが、場合によっては必要かもしれない事を示唆している。

ヨーロッパ各地で行われた一連の講演の中で、Altman氏は、EUの規制当局と面会した際に、この法律の文言のいくつかに躊躇したと述べた。特に、ChatGPT、GPT-4および同様の形式の生成AIを「高リスク」と指定したことについて、Altman氏はこの特徴に同意していない、と述べた。

彼の会社はEU全体の新しい規則を「遵守しようとするつもり」だが、批判すべき点は「たくさんある」と語ったとTime誌は伝えている。

EU全体のAI法は、何年も前から開発が進められてきた。2020年、Apple、Google、Facebookの代表が、AI規制計画をめぐってEUに働きかけた。

ロンドンで開催された業界イベントで最新の提案について語ったAltman氏は、OpenAIは可能であれば規制に準拠するよう努力すると述べた。しかし、現在計画されている法案は、ChatGPTのようなGeneral All Purpose AI Systemsと呼ばれるものにとって、より大きなハードルを示している。

「汎用AIシステムの定義を変えるなど、できることはたくさんある」と、Altman氏はReutersに語っている。

EUが提案するAI規則は、統治機関がAIに取り組む初めてのことではないが、イタリアでは今年、データプライバシーと児童福祉の懸念からChatGPTと「AIコンパニオンアプリ」Replikaの両方を禁止したことで悪名高いが、これは国際的なAI規制という点では分水嶺となるだろう。

この法律が現行または類似の文言で進められると、このような指定はAI企業に追加の要件への準拠を強いることになり、これについて、Altman氏は明らかに反対している。

「このような要件に対応できるかどうか、どちらかです。遵守できるのであれば遵守し、できないのであれば営業を停止します」。

「私たちは努力します。しかし、可能なことには技術的な限界があります」と、彼は続ける。

彼はこう述べているが、OpenAIが積極的に行動するのであれば、EUの要求事項を遵守できることは間違いないだろう。この法律案は、欧州委員会はこの法律案に関する説明の中で指摘しているように、高リスク指定モデルに供給するデータセットが「リスクや差別的な結果」を避けるために「高品質」であることを要求するものだ。

Altman氏は、University College Londonでの講演で、提案されているAI規制法に「本質的な欠陥」があるとは思わないが、「本当に重要なのはここにある微妙な詳細」だと考えていると述べた。

興味深いことに、OpenAIのCEOはすべてのAI規制に反対しているわけではない。今週初め、同社は声明を発表し、現在のモデルが人間レベルの知識に向かって成長し、それを超えるようになれば、将来的には国際的な管理団体が必要になるだろうと述べている

しかし、Altman氏は、政府が自分のビジネスをどのように規制すべきかについて、強い意見を持っているようだ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする