あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Mistral AI、2024年にGPT-4レベルのオープンソースLLMをリリースへ

フランスのAIスタートアップMistral AIのCEO、Arthur Mensch氏は、フランスの国営ラジオのインタビューにて、Mistral AIが2024年にオープンソースのGPT-4レベルのモデルをリリースすると宣言した。最近、Mistral AIはMoEアーキテクチャに基づく8X7Bをリリースしたが、これはGPT3.5やLlama 2 70Bといった他の人気モデルに匹敵する性能を示している。Apache 2.0でライセンスされたMistral 8X7Bは、ほとんどのベンチマークでLlama 2 70Bを上回り、推論が6倍高速になっている。

パリを拠点とするMistral AIは最近、4億1500万ドルの資金を確保し、評価額は20億ドルに達したと発表した。Andreessen Horowitz(a16z)が最新の資金調達ラウンドを主導し、Lightspeed Venture Partnersからの新たな投資も行われた。

オープンソースのLLM企業は、事業を継続することが困難な場合が多い。これを克服するため、Mistral AIは最近、利用可能なモデルのAPIエンドポイントを提供する「La Plateforme」を導入した。

同社はMistral Tiny、Mistral Small、Mistral Mediumという3つのカテゴリーを設けている。Mistral 7Bインストラクターv0.2とMixtral 8x7Bは、それぞれMistral TinyとMistral Smallに属する。 興味深いことに、Mediumモデルはまだリリースされていない。

Mistral AIは、現在Mistral Mediumを開発中で、標準ベンチマークに基づくトップ・サービス・モデルに位置づけられると述べている。英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、コードに堪能で、MT-Benchで8.6のスコアを達成している。書類上ではGPT 3.5を上回っている。

一方、OpenAIはGPT-4.5を12月末までにリリースするかもしれないという噂もある。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする