あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

MetaのAIチーフ、「ChatGPTは全く革新的なものではない」

ChatGPTは世界中で話題になっているが、すべての人が感心しているわけではない。Meta社の人工知能(AI)チーフサイエンティストであるYann LeCun氏は、Collective[i]が主催した1時間半の講演で、このプログラムに対して厳しい言葉を投げかけた。このオンライン対話型ディスカッションシリーズは、Collective[i]が主催している。

一体、彼は何を語ったのだろうか?ZDNETでは、このセッションに参加し、その模様をお伝えしています。

「ChatGPTは特に革新的な技術ではありません」と、LeCun氏は述べている。

「世間ではそう受け止められているようですが、革命的なものではありません。ただ、よくまとまっていて、うまくできている、というだけです。」

彼は、このようなシステムは以前にも他社によって作られたが、ChatGPTのような人気を得られなかったと述べている。

「OpenAIは、他の研究所と比べて、特に進歩しているわけでは全くありません」とLeCun氏は説明します。

「GoogleとMetaだけでなく、基本的にそれと非常に似た技術を持っているスタートアップが半ダースほどあります。ロケット科学ではないと言いたくはないのですが、本当に共有されているもので、言ってみれば秘密はないのです。」

ChatGPTは、多くの関係者が何年もかけて開発した複数の技術を結集したものであり、多くの点でグループの努力の賜物だという。

「ChatGPTは、この自己教師付き学習であらかじめ学習させたTransformerアーキテクチャを使用していることを理解しておく必要があります。自己教師付き学習は、OpenAIが存在する以前から、私が長い間提唱してきたことです。」

「TransformerはGoogleの発明です」と、LeCun氏は指摘し、Googleが2017年に発表した言語ニューラルネットであるTransformerが、GPT-3を含む膨大な言語プログラムのベースになっていることを指摘した。

さらにOpenAIのプログラムでは、人間のフィードバックによる強化学習という手法が多用されている。これは、GoogleのWeb用ページランクのように、人間のエージェントにマシンの出力をランク付けしてもらい、それを改善するものだ。この手法は、OpenAIではなく、GoogleのDeepMindユニットで開拓されたものだと彼は述べている。

総じて、LeCun氏は、OpenAIが突出した技術を持っているわけではなく、過去からの研究の上に成り立っていること、科学的なブレークスルーは何もないが、「ただ、非常にうまく設計されていた」と述べている。

また、The New York Times紙のジャーナリスト、Cade Metz氏は、OpenAIのようなブレークスルーで世間に認知されることはあるのかと質問した。

「MetaのAIチームは、OpenAIのようなブレークスルーを世に問うことができるのか?」という質問に対して、LeCun氏は「Metaから見られるか?もちろん見られます。そして、テキスト生成だけでなく、創造を助ける『ジェネレーティブアート』なども、大きなものになると思います。」と、彼は言った。

しかし、FAIRが本当に輝くのは、中小企業のプロモーションを支援することだと、彼は説明した。

「Facebookに広告を出しているお店は1200万件ほどありますが、そのほとんどは個人商店で、新しくきれいなデザインの広告をデザインするリソースはありません。だから、ジェネレーティブアートは、彼らにとって大きな助けになるのです。」

しかし、すべての人がLeCun氏に同意しているわけではない。Gmailの生みの親であるPaul Bucheit氏は、ChatGPTのようなAIは2年以内にGoogleのビジネスを破壊するだろうと発言している

昨年(2022年)11月に開始されたChatGPTは、これまでにない非常に自然なやりとりが出来、(でたらめも多いが)複雑な質問に的確に答えてくれる機能で話題になった。

LeCun氏は、「なぜGoogleやMetaからどうようのチャットボットが出ないのか?」と問われることを想定して、笑いながらこう述べている。

「その答えは、GoogleもMetaも、でっち上げのシステムを出すことで失うものが大きいということです」


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする