あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

ChatGPTの大規模アップデート情報がリーク、カスタムチャットボット作成機能等が明らかに

OpenAIが11月6日に開催する初の開発者会議「OpenAI DevDay」において、ChatGPTの大幅なアップデートを発表する予定であることがリークされた。この会議では、ChatGPTの新しいインターフェースと完全に新しい機能が披露される見込みである。

X(旧Twitter)のユーザーであるCHOI氏によれば、OpenAIは「Gizmo」ツールを発表する予定であり、これはカスタムチャットボットの作成、管理、選択に特化したもののようだ。

Please take the article at the URL below. Then, slowly recompose the content, thinking step by step. https://the-decoder.com/openais-massive-chatgpt-updates-leak-ahead-of-developer-conference/

Gizmoツールには以下のような特徴があるという:

  • サンドボックス:既存のチャットボットをインポートし、テストや修正を行う環境を提供する。
  • カスタムアクション:OpenAPI仕様を用いてチャットボットに追加機能を定義する。
  • 知識ファイル:チャットボットが参照可能な追加ファイルを加える。
  • ツール:ウェブブラウジングや画像作成などの基本ツールを提供する。
  • アナリティクス:チャットボットの使用データを視覚化し、分析する。
  • ドラフト:作成したチャットボットのドラフトを保存し、共有する。
  • パブリッシュ:完成したチャットボットを公開する。
  • シェア:チャットボットの共有設定と管理を行う。
  • マーケットプレイス:他のユーザーが作成したチャットボットを閲覧し、共有する。

また、チャットボットの作成を支援する「Magic Creatorまたは「Magic Maker」と呼ばれるツールも提供されるようだ。これは具体的には以下の機能を有するという:

  • インタラクティブなインターフェースでチャットボットを定義する。
  • ユーザーの意図を認識し、チャットボットを作成する。
  • 作成したチャットボットをリアルタイムでテストする。
  • 反復的な会話を通じてチャットボットの振る舞いを修正する。
  • チャットボットを共有し、展開する。

さらに、企業向けの新サブスクリプションとワークスペース管理も導入される。チームプランは月額30ドル、年間サブスクリプションでは月額25ドルとなるが、最低3ユーザーが必要で、総額としては最低90ドル/月が必要となる。チームプランでは、無制限の高速GPT-4アクセス、4倍長いコンテキスト、高度なデータ分析モデルの無制限使用などの特典が提供される。また、チャットテンプレートを共有でき、データはOpenAIによるトレーニング目的で使用されない。

ワークスペース機能には、個人とワークスペースの分離、役割や部門などのメタデータを定義する機能が含まれる。外部のERPやCRMシステムとの統合も可能である。

XユーザーのTibor Blahoは、「コンテキストコネクター」と呼ばれる機能のスクリーンショットも共有しており、これによりGoogle DriveやMicrosoft 365などのアプリケーションをChatGPTに接続できるようになると述べている。これにより、ドキュメントやスプレッドシート、プレゼンテーションをチャットに添付したり、会話の文脈として使用したりできるようになる。

CHOI氏は、GPT-4 APIの価格低下、GPT-4の速度向上、そして32kバージョンへの一般アクセスが既に展開されているとも述べている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする