ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が描き出す、天の川銀河中心の神秘的な輝きと未知の構造

masapoco
投稿日 2023年11月25日 17:31
STScI 01HF7P3B6PW5DS5N9M9XD1EY27

NASAは、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)によって撮影された天の川銀河の新しい画像を公開した。この画像は、銀河の核に近い領域の詳細をこれまで以上に鮮明に捉えており、科学者たちを興味深く困惑させている「針のような説明のつかない構造」が含まれている。

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、強力な赤外線機器であり、天の川銀河の中心部にあるいて座C (Sgr C)という領域の詳細なスナップショットを撮影することができた。この領域は、星が誕生する場所であり、銀河の中心にある巨大なブラックホールから約300光年離れている。

この画像には、約50万個のきらめく星と、濃密な暗い塵とガスの雲から出現するプロトスター(星になる前の段階の星)のクラスターが含まれている。星の他に、望遠鏡はイオン化された水素からの放出と考えられる羽毛のような繊細な線を明らかにした。これらは通常、大質量の星がエネルギッシュな光子を放出し、周囲の水素ガスをイオン化することによって生じる。

これらの線の中には、イオン化された水素の中にランダムに配置された、針のような形状の構造が存在している。科学者たちはこれらが何であるかを知らず、さらなるデータを探求することに決意している。

「Webbはこれまでにない解像度と感度でこの領域に関する赤外線データを提供しているため、ここで初めて多くの特徴を見ています。Webbは信じられないほどの詳細を明らかにし、これまで不可能だった方法でこのような環境での星形成を研究することを可能にしています」と、バージニア大学の学部生であり主任研究員であるSamuel Crowe氏は述べている。

「銀河系中心部は、我々の天の川銀河の中で最も過酷な環境であり、星形成に関する現在の理論が最も厳密に試される場所です」と、クロウのアドバイザーであるバージニア大学のJonathan Tan教授は付け加えた。

JWSTは2021年末に打ち上げられ、最初の画像は2022年に公開された。この望遠鏡は、宇宙の最も初期の時期を覗き見ること、系外惑星を探索すること、初期の銀河を調査すること、そしてこの最新の画像で捉えられたような星がどのように輝き始めるのかを図ることを目的として打ち上げられた。

「銀河系中心部は、混雑した騒々しい場所です。星を形成している乱流と磁気を帯びたガス雲があり、そのガス雲は流れ出る風、ジェット、放射線で周囲のガスに影響を与えています。Webbはこの極端な環境に関する大量のデータを提供しており、私たちはそれを掘り下げ始めたばかりです」と、とスペインのアンダルシア天文研究所の共同研究者であるRubén Fedriani氏はプレスリリースの中で語っている。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Aitana lopez
    次の記事

    AIが製作したスペインバーチャルモデルがブランドの顔になり月に160万円以上を稼ぎ出す

    2023年11月26日 7:29
  • 前の記事

    YouTubeの読み込みが遅いのはブラウザのせいではなく広告ブロッカーのせいだった

    2023年11月25日 16:20
    th youtube logo min

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事