あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

イタリアがプライバシー侵害の疑いでChatGPTの禁止措置に踏み切った。3月31日、イタリアデータ保護庁は、AIチャットボットを「即時」国内で一時的にブロックし、この技術を開発したOpenAI社を調査すると発表した。

大型言語モデルであるChatGPTは、ほとんどの知識を一つの巨大なソース、つまりインターネット上の情報に基づいている。これらのモデルはインターネットを通じてアクセス可能な情報に基づいて長期間にわたってトレーニングする必要があるが、ここに問題がある。情報は常に明示的な同意によって収集されるわけではなく、技術的にはWeb上で自由に利用出来てしまうからだ。

本日、イタリアはこの懸念をOpenAIに対して行動を起こすことで示し、ChatGPTを当面の間、国内での運用を禁止することにした。ChatGPTは「イタリアのユーザーデータの一時的な処理の制限」を受ける。これに続いて、イタリアはその懸念が正しくあるかどうかを確認するための調査を開始する。ここでの主な懸念は、OpenAIが欧州連合の一般データ保護規則(GDPR)に違反している可能性があることだ。

AI言語モデルに対するGDPR調査を引き起こしたのは、3月20日に発生したセキュリティ侵害にあるようだ。OpenAIは、ChatGPTからのユーザーによる会話や支払い方法がその侵害の中で潜在的に危険にさらされていると示唆した。

イタリアデータ保護庁は、OpenAIが個人データの「大量収集」を正当化する法的根拠がないため、欧州連合のプライバシー法であるGDPRに違反していると主張している。OpenAIがどの程度のデータを収集しているかについても、十分な情報を提供していないと指摘している。さらに、ChatGPTには年齢確認がないため、子供たちは「年齢や意識に完全に不適切なコンテンツ」にさらされるリスクがあると懸念されている。

ChatGPTは、会話形式でテキストに応答するように設計された人工知能(AI)チャットボットだ。技術は、巨大なデータセットから得られた知識に基づいてテキストを理解、処理、予測、生成することができる深層学習アルゴリズムである大規模言語モデルに基づいている。

ChatGPTは、言語パターンの深い理解により、見かけ上の知能を発揮することが出来る。人々は、コンピュータコードを書くためにこのツールを使用しており、一部のメディアでは、記事を書くために使用している(結果はまちまちです)。そして、アメリカの医療免許試験に合格するほど賢い。

ChatGPTは2022年11月にリリースされたばかりだが、世界中で注目を集め、インターネットの誕生に匹敵する技術革命を引き起こす可能性があると考える人々も多くいる。

一方で、ChatGPTはかなりの論争を引き起こしている。AIが適切に管理されない場合、人類に存在的な脅威を与える可能性があるという懸念が生じている。先週、Elon Musk氏やAppleの共同創設者Steve Wozniak氏などの著名人が署名した公開書簡によると、AI実験は「社会と人類にとって深刻なリスクをもたらす」として、すべてのAI実験が直ちに停止されるよう求めている。

「人間の競争力のある知性を持つAIシステムは、広範な研究によって示され、トップのAI研究所が認めるように、社会と人類に深刻なリスクをもたらす可能性があります。高度なAIは、地球上の生命の歴史に深刻な変化をもたらす可能性があり、適切な注意とリソースを持って計画され、管理されるべきです。残念ながら、最近の数ヶ月間、AI研究所は、作成者さえ理解、予測、信頼できないより強力なデジタルマインドを開発し、展開するために、制御不能な競争に巻き込まれています」と書簡には記載されている。

加えて、AI研究グループのCAIDPは、米国の連邦取引委員会(FTC)に対して、OpenAIを調査し、GPT-4のリリースを停止するよう求めている


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする