あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

イタリア副首相、規制当局によるChatGPTの禁止を批判

イタリアのMatteo Salvini副首相は、Microsoftが支援するOpenAIのチャットボット「ChatGPT」の、イタリア国内での禁止を命じた同国のデータ保護庁の決定を批判した。

規制当局は、プライバシー侵害や、ユーザーが要求された13歳以上であることを確認できていないことに懸念を示した。この動きにより、イタリアは人工知能を搭載したチャットボットに対して措置を講じた最初の欧米諸国となった。

連立与党リーグ党の党首であるSalvini氏は、この決定を「不釣り合い」で「偽善的」だとし、プライバシー問題は実質的にすべてのオンラインサービスに関係すると付け加えた。このような場合、常識が必要であると述べている。

昨年のリリース以来、ChatGPTは大きな関心を集め、競合他社が同様の製品を発売するきっかけとなった。また、企業は自社アプリや製品に同製品や類似技術を組み込んでいる。

OpenAIは、データ機関の要請を受け、イタリアのユーザーに対してChatGPTをオフラインにした。同社は、AIシステムのトレーニングにおける個人データの使用を減らすために積極的に取り組んでおり、イタリアのデータ機関と協力して、同社のシステムの構築と使用方法について教育することを楽しみにしていると述べている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする