あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

iPhone 17 Pro Maxは48MP望遠カメラを搭載しApple Vision Proと連動する設計を取り入れる可能性

アナリストからのリークによると、Appleは、将来のiPhoneモデルに高解像度かつ更なる望遠機能を備えたカメラを導入する計画を進めており、時期としては2年後の「iPhone 17 Pro Max」において、現在の12MPから48MPの望遠カメラを実現する可能性があると言う。更に、今後のiPhoneではテトラプリズム望遠システムも改良を加え、現在の5倍から10倍の望遠機能へと大きく飛躍する可能性があるようだ。

更にこうしたカメラ機能は、2024年初頭の発売とされている、AppleのMRヘッドセット「Vision Pro」と連動するように設計されているという。

この報告は、香港の投資会社Haitong International SecuritiesのアナリストJeff Pu氏によってもたらされたものだ。Pu氏はAppleのサプライヤーであるLargan Precision関連の情報として、2025年後半に登場するiPhoneの最上位フラッグシップ機は48MPの望遠カメラを搭載し、Apple Vision Pro用に最適化されると言及している。ただし、このVision Proとの連携については表現が曖昧で、実際にどのように連携するのかについては全く具体的な詳細は明らかになっていない。2025年と言えば、Vision Pro発売から1年以上が経過し、AppleがVision Proの後継として噂されているより安価なヘッドセットを発売する可能性もあり、こうしたデバイスとの連携も考えられるだろう。

Appleはまた、将来のiPhoneに10倍のテトラプリズムレンズを導入すると噂されているが、この技術がiPhone 17 Pro Maxに搭載されるかどうかは明らかにされていない。しかしこの噂では、AppleがLG Innotekをサプライチェーンから外し、Luxshare Precisionの子会社であるICTに置き換える可能性があると言及されている。これらの多くの報道は、AppleがiPhoneに対する光学望遠機能の強化に本腰を入れたことをを示唆しているため、より良いカメラ機能を切望するユーザーにとっては期待出来る話だろう。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする