あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Intelで、現在チーフアーキテクトを務めるRaja Koduri氏が、ジェネレーティブAIゲームソフトウェアのスタートアップに専念するために退社することになった事が明らかになった。

Raja Koduri氏は、Radeon Technologies Groupを率いていたAMDを辞めた後、およそ5年間Intelに在籍していた。Raja氏は、2017年後半からIntelで注目される役割を果たす前は、ATI/AMDだけでなく、Appleでも長年にわたって働いていた。

Koduri氏の退社は、2017年11月の入社から5年が経過し、昨年末に発表されたIntelのAXGグラフィックス部門のリストラに伴うものだ。Koduri氏は昨年、AXGのリーダーに就任していたが、リストラ後はチーフアーキテクトに退いていた。

Koduri氏は、新しいソフトウェアのスタートアップに関する詳細な情報は、今後数週間のうちに共有されるとツイートしている。

ゲームやメディア、エンターテインメントのためのジェネレーティブAIについて、同氏がどのようなことに取り組んでいるのか、興味深いところだ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする