あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

GoogleのAR(拡張現実)チームの前オペレーティング・システム責任者、Mark Lucovsky氏が退社した。月曜日のツイートでLucovsky氏は、「最近のARリーダーシップの変化とGoogleの不安定なコミットメントとビジョンが、私の決断に重くのしかかりました」と、Googleの最近のAR関連の動きが決断の一因になったと述べている。

Lucovsky氏の退社は、レイオフやGoogleの前VR責任者であるClay Bavor氏の辞任など、GoogleのARチームがここ数ヶ月で直面してきた数多くの難題に加えている。6月にInsiderが報じたところによると、Googleはコードネーム「Project Iris」と呼ばれるARメガネの開発計画を断念したという。また、Googleグラスのエンタープライズ・エディションも廃止された。

Google XRのリーダーが退社

GoogleのAR/VRのビジョンはこれまで謎に包まれており、その謎は未だに明らかになっていない。GoogleとSamsungが共同で何かを作ろうとしていることは判明している。Galaxy S23の発表時に両社の協業が明らかになったが、が、それが具体的には何なのかは不明だ。どうやらAndroidがこの特別なプロジェクトの基礎となっているようだ。

Quest 3ヘッドセットのリリースとApple Vision Proの発売予定により、AR/VR業界はより競争が激しくなっている。だが、いずれにせよ、Lucovsky氏の発言は、GoogleのXRの野望がそれほど順調に進んでいないことを明らかにしている。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする