ChatGPTのカスタマイズ機能「GPTs」がChatGPT Plusユーザーの全てで利用可能に

masapoco
投稿日
2023年11月10日 10:41
FireShot Capture 081 ChatGPT openai.com

DDoS攻撃を受け、障害が発生していたChatGPTだが、いったん状況は落ち着き、問題なくサービスが利用できるようになっている。

それと共に、OpenAI CEOのSam Altman氏は、先日同社の開発者会議「OpenAI DevDay」にて発表した、ChatGPTにユーザー自身でよく使う設定や機能をあらかじめ保存しておき、使い回せる機能「GPTs」とそれを作成するための「GPT Builder」をChatGPTの有料会員向けに開放したことを発表した。

GPTsの使い方

自分の好みのGPTは、GPT Builderを使って至って簡単に製作できる。そして、まさに生成AIの最前線にいるOpenAIの機能と言うことで、そのGPT自体をChatGPTにテキストプロンプトで指示する事である程度土台を作成する事すらも可能だ。

ChatGPT Plusユーザーはメニュー左に新たに登場した「Explorer」メニューからGPTsを選択したり、GPT Builderに移動できる。

そうすると、以下のように自分自身のGPTを作成したり、GPTの例が表示される。作成するには、「Create a GPT」を選択すればOKだ。

そうするとGPT Builder画面に移動する。

GPT Builderでは、画面の左半分でGPTの作成・調整を、右半分で実際の動作を検証できる。

左画面は更にテキストプロンプトを使った作成と、詳細なカスタマイズとに分かれている。

試しに、例示されているように、左のテキストプロンプトに「make a creative who helps generate visuals for new products」と入力してみると、以下のようにGPT Builderがそのまま使えるようなGPTを出力してくれる。

左画面で、「Configure」を選択すると、どのような設定が行われるのかを見ることができ、自身で微調整することも可能だ。

また、GPTには分かりやすいようなアイコンを設定出来るが、自分で画像をアップする以外に、なんとこのアイコンもDALL-Eに頼んで作ることが可能だという。

作ったGPTは、ChatGPTトップ画面から簡単に呼び出すことが可能になっている。

これまで、ChatGPTでよく使い回すプロンプトをテキストエディタに保存しておいて、その都度入力したりしていたユーザーは、これによって大幅に利便性がアップするはずだ。

作成したGPTは自分だけで使う事や、共有して他者が使う事が出来る様にもなっており、今後はGPTストアによって販売する事が出来る計画もあるとのことだ。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • 18903efd850fbb2f221ba570124c9cef
    次の記事

    アインシュタインは光の白昼夢からいかに相対性理論を生み出したのか

    2023年11月10日 10:53
  • 前の記事

    ChatGPT、DDoS攻撃により終日障害が発生

    2023年11月10日 10:22
    2941ccd7c5dede0dcfc8d3797ec9bbbe
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事