あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Googleは、チリの国営インフラファンドDesarrollo Paisとフランス領ポリネシアの郵政通信局(OPT)と共同で、南米とアジア太平洋を結ぶ史上初の海底ケーブル「Humboldt」を建設中であることを明らかにした。

Humboldtケーブルの総延長は14,800kmとなり、南太平洋を横断する形で、チリからポリネシアを通りオーストラリアに到達する。

Humboldt. google
Humboldtケーブルのルート (Credit: Google)

「チリはテクノロジーの最先端を行く国であり、最新世代のネットワーク導入におけるリーダーである。政府として、私たちは日々、この地位を固め、この種の新たな投資が今後も続くような条件を整えるべく努力しています。Googleのような企業の関心は、チリが正しいことをしていることを示している。この国は、国民の幸福と生活の質の向上に役立つ成長を生み出すために、その潜在力を活用している。これらのプロジェクトは、雇用を創出し、後に実現すれば、何千人もの人々の労働条件を改善し、さらにチリをこの地域のリーダーとして位置づけ、南米からデジタル世界へのゲートウェイとしての地位を強化するものです」。と、チリ運輸通信大臣のJuan Carlos Muñoz氏は述べている。

太平洋を横断する海底ケーブルは、Southern Cross Nextなどアジアと北米を結ぶ既存のものがすでにあり、またHawaiki Nuiのような今後予定されているものもある。さらに、Google初のプライベート・ケーブルであるCurieも敷設されている。

しかし、Googleによれば、Humboldtは10月に発表されたSouth Pacific Connect構想を構成するケーブルを相互接続し、さらにフランス領ポリネシアとチリを結ぶことで、オーストラリアから南米へのより直接的なルートを作り出すという。

South Pacific connect
South Pacific Connect構想 (Credit: Google)

Desarrollo Paisとシンガポールを拠点とするBWデジタルの子会社H2 Cableは、2022年8月にケーブル建設の提案依頼書を発行した。計画されたパイプラインのルートは、チリのバルパライソとオーストラリアのシドニーを結び、チリのファン・フェルナンデス群島、イースター島、ニュージーランド、インターネットに乏しい南極まで分岐する可能性がある。

「南米とアジア太平洋地域を直接結ぶ光ファイバーネットワークは、2016年以来チリ政府の野望であり、我々はこのビジョンを現実にするために提携している」とGoogleは投稿で述べている。

cable submarino 1440x2000 q70 subsampling 2
バルパライソとカリフォルニア(アメリカ)を結ぶCurie海底ケーブルの断片 (Credit: PRESIDENCIA DE CHILE)

Desarollo Paisによると、この4億ドルのケーブルは、”アジア太平洋からのデータ輸送のためのラテンアメリカへのゲートウェイとしてチリを位置づける”ことになる。

商業的な面で言えば、このケーブルには16対のファイバーがあり、そのうち14対はGoogleが所有し、残りの2対はDesarollo PaisとGoogleが50%ずつ所有する。

このケーブルには5500万米ドルの初期投資が必要である。Desarrollo Pais社は、この種のイニシアチブは政府を超えた国家のイニシアチブであることを強調した。

政府は、このプロジェクトが南米とアジア太平洋を直結し、チリと世界を結ぶ国際通信網の回復力を高め、チリをデジタルハブ(技術革新、起業家精神、競争力の集合点として機能する仮想空間)として強化するとともに、デジタル経済への新たな投資を呼び込むと説明している。

Hunboldtケーブルは、19世紀初頭にアメリカ大陸を広く旅したドイツの博学者、地理学者、博物学者、探検家であるAlexander von Humboldtにちなんで命名された。この名称は、Desarrollo Paisとチリの電気通信次官(Subtel)が主催した命名コンテストで、ソーシャルメディアを通じて投票したチリ住民によって選ばれた。


Sources

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする