Google、Bardを「Gemini」にリブランド、高度な機能にアクセスできる有料サブスクプランやモバイルアプリも発表

masapoco
投稿日 2024年2月9日 6:16
Bard Gemini Hero.width 1600.format webp

丁度一年前、Googleは、OpenAIのChatGPTに対抗すべく、新たなAIアシスタント「Bard」を1年前に発表した。それ以来、様々なAIサービスが開発され、いくつかはBardの名が冠される物もあったが、Googleは本日より生成AI関連サービスのブランドを「Gemini」と改めると共に、予告されていた最も強力なモデルの投入と、新たな有料サブスクリプションプランの提供を発表した。

GoogleはAIチャットボットBardをGeminiに改名し、有料サブスクリプションのGemini Advancedを導入した。これにより、ユーザーはGoogleのこれまでで最も強力な言語モデルであるGemini Ultra 1.0を利用できるようになる。

Gemini Advancedは、OpenAIの有料メンバーシップChatGPT Plusに代わるGoogleのサービスだ。ChatGPT Plusが月額20ドルとなっているが、Gemini AdvancedはGoogle Oneの「AIプレミアム」プランで2,900円で利用でき、円換算ではほぼ同等と言える。ただし、Googleはこの価格で、Google Driveの2TBのクラウドストレージや、Google Oneのサブスクリプションの他の特典も提供している。Gemini Advancedは2ヶ月間無料で試用可能だ。

Gemini Advancedとは何か?

GoogleのGemini Advanced製品を理解するためには、まずGeminiそのものを理解する必要がある。

前述したように、Google GeminiはGoogle Bardのリブランドであり、後者から多くのコア機能を得ている。基本的に、Google は、消費者向けの製品は大規模言語モデル(LLM)の名前と一致させるべきだと考えており、そのため名前を変更したのである。

Geminiは、大規模言語モデル「Gemini Pro」を搭載し(ややこしいが)、音声、テキスト、画像のプロンプトを処理し、オンデマンドで画像を作成することができる。ChatGPTやMicrosoft Copilotのように、Geminiは、モバイルユーザーがサービスに直接、専用ポータルを利用できる新しいAndroidアプリを獲得した。 iOSユーザーは、Google iOSアプリを通じてGeminiにアクセスできる。Google Geminiには新しいWebポータルもある。

Androidスマートフォンに新しいアプリをインストールすると、それまでのGoogleアシスタントがGeminiに置き換えられるようになる。その結果、新しいアプリは、スマートホームアイテムのコントロール、電話の発信、アラームの設定など、アシスタントの現在のタスクの多くを処理することになる。また、Geminiは、画面上のボタン、ハードウェアボタン、スワイプショートカット、または「Hey Google」キーワードによる発声で呼び出すことができる。

Geminiの基本機能は無料だが、Gemini Advancedは無料ではない。その名が示すように、AdvancedはGeminiの体験にさらなる複雑さと能力を加える。Geminiの最も強力な大規模言語モデルである「Gemini Ultra 1.0」をベースにしているため、プロンプトや論理的推論のニュアンスをより深く理解することができる。これは、より長い指示に取り組むことができ、より複雑なタスクをこなすことができることを意味する。基本的に、Gemini Advancedは、より多くの能力を備えたGeminiプレミアムと言える。ChatGPT PlusやCopilot Proのライバルという事だ。

当初、Gemini Advancedは、2024年2月8日から世界150カ国以上で英語で利用可能となり、より広範な言語サポートが間もなく展開される予定とされている。日本語と韓国語は、最初にサポートされる追加言語のひとつとなる見込みだ。

AndroidのGoogleアシスタントが置き換えられる

Google BardがGeminiに変わると共に、新しいアプリも登場した。Androidでは、新たなGeminiアプリを通して、Google Gemini(旧Bard)にアクセスすることができる。

またGeminiアプリをダウンロードした後、Googleアシスタントを削除し、Geminiに置き換え、より賢いGeminiをスマートフォンの主要なAIガイドとして使用するように選択することもできる。「OK、Googleル」のウェイクワードは変わらない。ただ、呼び出し先がこれまでのGoogleアシスタントではなくGeminiになるのだ。Googleによると、Googleアシスタントを使い続けることもできるそうだ。これは、Geminiが今のところ既存のアシスタント機能のすべてを搭載している訳ではないため、必要な場合はGoogleアシスタントを残しておいた方が良いかもしれない。

これまで通り、基本的なタイマーをセットしたり、電話をかけたり、スマートホームデバイスを操作したりすることもGeminiでは可能だ。しかし、まだすべてのアシスタント機能が移植されるわけではない。Googleによると、それも将来的に行われる予定だという。

とはいえ、専用アプリをダウンロードした後、AndroidスマートフォンでGeminiに切り替えると、Googleアシスタントと同じ方法でアクセスできる。以前と同じように、電源ボタンの長押し、コーナースワイプ、ウェイクワードを使うことができる。そうすると、Googleアシスタントの代わりに新しいGeminiオーバーレイがポップアップ表示される。

Googleによれば、Geminiはあなたのスマートフォンの画面上で何が起こっているかを理解し、文脈に沿ったヘルプを提供することもできる。例えば、クリックしたばかりの写真にキャプションをつけたり、読んでいる本について質問したりできる。

GeminiのAndroidアプリはGoogleのGemini Proモデルに基づいているため、AIタスクの処理のほとんどはクラウド上で行われると予想される。

一方、iOSユーザーには専用のGeminiアプリは提供されない。しかし、GoogleアプリからAIにアクセスすることはできる。この機能は今後数週間で展開される予定で、iOSユーザーはGeminiのトグルをタップしてAIとチャットしたり、カスタム画像を作成したり、ソーシャル投稿の作成支援などを受けることができる。

Geminiは、本日から米国のAndroidとiOSのスマートフォンで英語で利用できる。Googleによると、来週からはさらに多くの場所で英語、日本語、韓国語でアクセスできるようになるという。

Duet AIもGeminiになる

本日のリブランドでは、Googleのワークスペース向けAI「Duet」も「Gemini」に改名され、その機能がより多くの人々に提供されるようになった。

Duet AIはGoogle WorkspaceとGoogle Cloudに存在する。Workspaceアカウントでは、生成AIを使ってメールの下書きを支援するGmailツール「Help Me Write」のようなDuet AI対応機能を利用できる。Google Cloudの場合、Duet AIはコードアシスタンス、開発に関する問い合わせに答えるチャットアシスタンスなどの機能を提供する。

Googleは、Duet AI for Workspaceの名称をGemini for Workspaceに変更し、Duet AI for Google Cloudの名称をGeminiに変更する。

名称変更にとどまらず、Googleは新しいGoogle One AI Premiumサブスクリプションを通じて、これらのブランド名に含まれるいくつかの機能をより多くのユーザーに提供する。Gemini(旧Duet AI)内のAIツールは、Gmail、Sheets、Docs、Slides、Meetに “まもなく “提供され、ワークスペースやクラウド以外のユーザーも、Googleのアプリやサービス内でAIをどのように利用できるかを体験できるようになる。

Google Cloudとの統合は後回し

Googleの強みである、既存の巨大なエコシステムへの言語モデルの統合は、最初から発揮されるわけではない。Gemini Ultra 1.0は、後日AdvancedサブスクリプションのGmailとDocsでのみ利用可能となる。また、より大きなコンテキストウィンドウ、拡張されたマルチモーダル機能、より優れたプログラミング機能、ファイルのアップロードと分析も発表されたが、まだ利用できない。単一の画像はすでにアップロードできる。

Gemini Ultraは、コーディング、推論、クリエイティブなコラボレーションなどのタスクに対応する汎用性の高いモデルとして、2023年後半に発売された。Googleによると、32のベンチマークのうち30でGPT-4を上回り、MMLUベンチマークで人間の専門家の性能に匹敵した最初のモデルだという。これらの主張については、入手可能なものが限られているため、独立した確認が不足しているが、リリースによってすぐに変わるはずだ。しかし、Microsoftはすでに、やや誇張されたベンチマーク結果を否定している。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Business ASML Employees assembling an EUV system ASML top
    次の記事

    TSMCはASMLのHigh-NA EUVマシンを1nmプロセスまで採用しない可能性

    2024年2月9日 6:35
  • 前の記事

    Intel、ドイツ国内での特許紛争に敗訴し一部CPUの販売差し止めへ

    2024年2月8日 16:01
    intel logo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事