あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Googleマップ、電車の乗り間違えを防止する案内表示など、いくつかの新機能等を追加

Googleは、Googleマップに、通勤や旅行で定期的に電車を利用するユーザーにとって有益となるいくつかの新機能を追加した。

Googleマップの新機能一つ目は、誤った電車に乗らないようにする機能、二つ目は、友人グループが訪れる場所を決めるための機能、そして三つ目は絵文字でのリアクション機能だ。

最初の機能は、交通機関利用の際に、ユーザーへの指示にいくつかの変更を加えるもので、間違った出口で降りたり、間違った電車に乗ったりしないようにすることが目的となる。

Googleによると、新しい交通機関ナビゲーションでは、到着予定時刻、旅行時間、乗り換え回数など、多くの要因に基づいた推奨事項が提供される。これにより、Google マップのユーザーは目的地への最適なルートを容易に知ることができる。ユーザーは、利用したい交通手段をフィルタリングすることもできる。また、駅の入り口と出口がどこにあるか、どちらの通り側にあるか、そしてそれを利用するための明確な歩行ルートを表示して、視覚的に確認することができる。これらの変更は、今後数週間でベルリン、ボストン、ロンドン、マドリード、ニューヨーク市、パリ、シンガポール、シドニー、東京、トロントなど80都市で展開される予定だ。

Googleマップのリスト機能が更新され、友人と計画の共有がしやすくなっている。ユーザーは、興味のある場所をリストに追加し、最も訪れたい場所に絵文字で投票することで、グループアクティビティに対する意見を簡単に共有できるようになった。この機能は、AndroidとiOSで全世界に向けて数週間以内に展開される予定だ。

さらに、Googleマップには、写真、動画、レビューに絵文字のリアクションを追加する機能も追加される。ユーザーは、デフォルトの絵文字セットで反応することができ、AIとEmoji Kitchenを使用して独自の絵文字ミックスを作成することもできる。この機能は、現在全世界で展開されている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする