Google リアルタイム翻訳が可能なARグラスの開発を発表

masapoco
投稿日 2022年5月12日 6:42
Screen Shot 2022 05 11 at 11.59.35 AM

本日行われたGoogle I/Oにて、Googleは拡張現実(AR)への取り組みと、同社がARグラスを開発していることを発表した。

Source

Google/AlphabetのCEOは、ARを「コンピューティングの新しいフロンティア」と呼び、まず、Google Lensのマルチサーチやシーン探索、マップのイマーシブビューなど、本日発表されたばかりの既存の取り組みについて振り返った。

これらのAR機能は、携帯電話ではすでに便利なものですが、現実の世界で技術に邪魔されずに使えるようになれば、その魔法は本当に生きてくるでしょう。その可能性こそが、私たちがARに最も興奮する理由です。現実の生活の中で、重要なことに時間を費やすことができるようになるのです。

Googleが想定している最初のユースケースは、翻訳用のARグラスで、人々は自分の視界の中でリアルタイムに翻訳された文章を見ることができる。Pichai氏は、これはGoogleがテストしている初期のプロトタイプであると述べた。

映像に映し出された画像はすべてシミュレーションであり、このディスプレイ・オーバーレイがどの程度の高解像度なのかはよく分からない。実際の製品の登場時期などもまだ明らかにされていない。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • 0. Blog header 4.max 1000x1000 1
    次の記事

    「Android 13」ベータ版第2弾がリリース

    2023年4月13日 8:06
  • 前の記事

    Googleが「Pixel 6a」を発表 – 53,900円で7月21日予約開始

    2022年5月12日 6:44
    Pixel 6a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事