あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

最新のAI技術の進歩により、米国およびユーロ圏で行われる仕事の4分の1が自動化される可能性があると、投資銀行Goldman Sachsの研究で報告されている。

更にGoldman Sachsは、人間の出力と見分けがつかないコンテンツを生成できるChatGPTのようなジェネレーティブAIシステムが、10年間で年間世界総生産を7%向上させる生産性ブームを引き起こす可能性があるとも述べている。

しかし、この技術が期待通りの効果を発揮すれば、労働市場に「大きな混乱」がもたらされ、大規模な経済圏で約3億人のフルタイム労働者が自動化に晒されることになるとのことだ。この論文の著者であるJoseph Briggs氏とDevesh Kodnani氏によると、弁護士や事務職員がリストラのリスクが最も高いとされている。

goldman sachs report 20230328 2
紺色は、AIがほとんど影響を与えない分野を表している。水色は、AIが生産性を向上させる分野を表している。グレーは、AIが人間の仕事を完全に置き換えることができる分野を表している。 (Credit: Goldman Sachs)

何千もの職業で通常行われるタスクに関するデータに基づく彼らの試算によると、米国とヨーロッパの仕事の約3分の2がAIによる自動化の影響を受ける可能性があるのことだ。ただ、ほとんどの人は、仕事量の半分以下が自動化されるだろうが、より生産的な活動に時間を割くことができるようになり、おそらく仕事を続けることが出来るだろうとのことだ。

米国では、労働力の63%がこの状況に該当すると彼らは計算している。さらに、物理的な仕事や屋外での仕事に従事する30%は影響を受けないだろうが、他の形態の自動化によって仕事が変化する可能性も示されている。

しかし、米国の労働者の約7%は、タスクの少なくとも半分がジェネレーティブAIによって実行される可能性があり、置き換えの対象となる恐れがあるとのことだ。

goldman sachs report 20230328 3
デスクワークの多い先進国が最も大きな打撃を受ける (Credit: Goldman Sachs)

Goldmanは、ヨーロッパでも同様の影響があると述べている。世界レベルで見ると、発展途上国では手作業の仕事が雇用の大部分を占めているため、AIによって行われる仕事は全体の約5分の1にあたると推定されており、大規模な経済において約3億人分のフルタイムの仕事が対象となる。

レポートでは、AI技術の潜在能力が先進国の低迷する生産性成長を回復させる一方で、1980年代の製造業労働者と同様の運命を辿る可能性のある新しいクラスのホワイトカラー労働者を生み出すという議論を激化させることになるとも述べている。

ただし、今回のGoldmanの影響力評価は、関連技術の幅広い範囲の効果を含む一部の学術研究よりも保守的だ。

先週、GPT-4の開発者であるOpenAIが発表した論文では、人間の研究者と同社の大規模言語モデル(LLM)による分析に基づいて、米国の労働力の80%が生成AIによってタスクの少なくとも10%が実行される可能性があると述べていた。

また、ヨーロッパの法執行機関であるEuropolは今週、生成AIの急速な進歩がオンライン詐欺師やサイバー犯罪者を助ける可能性があるため、「ダークLLM(悪意のある大規模言語モデル)が将来の主要な犯罪ビジネスモデルになるかもしれない」と警告している。

Goldmanは、AIへの企業投資が1990年代のソフトウェア投資と同様のペースで成長し続けると、2030年までに米国だけでの投資が米国のGDPの1%に迫る可能性があると述べている。

ゴールドマンの推定は、何千もの異なる職業で通常行われるタスクに関する米国およびヨーロッパのデータの分析に基づいている。研究者たちは、AIが小規模企業の税金申告の完了、複雑な保険請求の評価、犯罪現場調査の結果の文書化などのタスクを可能にすると仮定している。

ただし、彼らはAIが裁判所の判断、重篤な患者の状況のチェック、国際税法の研究など、よりセンシティブなタスクに採用されることを想定していない。

AI技術の普及が労働市場や経済に与える影響については、さまざまな見方がある。しかし、AI技術の進歩は間違いなく、効率性の向上や生産性の増加を促進し、新しいビジネス機会やイノベーションを生み出す可能性があるだろう。

しかし、労働者が自動化によって失業するリスクを最小限に抑えるためには、適切な教育やトレーニングプログラムを提供することが重要だ。これにより、労働者は新しいスキルを習得し、AI技術と共存しながら働くことができるようになるだろう。

また、AI技術が労働者にとって脅威とならないようにするためには、規制や政策の適切な整備が必要だ。これには、データプライバシーや機械倫理に関する法律やガイドラインの策定が含まれる。

最終的には、AI技術は私たちの社会や経済に大きな変化をもたらすだろうが、その影響を最大限に活用し、労働者や企業にとって有益なものにするためには、適切な対応策や戦略が不可欠だ。将来の労働市場の変化に備え、AIと人間が共存し、より良い世界を築くために、現在から取り組んでおくべき課題は多くある。


Source

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする