ドイツのスーパーコンピューターセンター、新型量子コンピュータ「IQM Spark」を導入

masapoco
投稿日
2024年3月26日 12:14
Julich Supercomputing Centre iqm

ドイツのJülich Supercomputing Centre (JSC)は、IQM Quantum Computers社から5量子ビットの量子システム「IQM Spark」を取得した。このシステムは、JSCのJUNIQ量子コンピューティング・インフラストラクチャの一部として2024年7月に稼働を開始し、JSCの古典的なスーパーコンピューターに接続される予定である。これにより研究者は、量子コンピューターが古典的なスーパーコンピューターの計算をどのように高速化できるかを探求できるようになる。

IQM Sparkは100万ユーロ以下で、大学や研究機関での基礎実験や教育への応用を目的として設計されている。超伝導電子共振回路を使用して量子ビット(qubits)を生成するが、高感度な量子特性を維持するためには絶対零度近くまで冷却する必要がある。

このシステムはJUNIQインフラの一部として運用され、ドイツとヨーロッパの科学と産業に最先端の量子コンピューターへのアクセスを提供する。

JSCでは、欧州初のエクサスケールスーパーコンピューターである「JUPITER」の立ち上げも進められている。IQM Sparkは多くの拡張性と接続の可能性を持っており、JSCのJUNIQコンセプトに適合させる事を可能にする。IQM Sparkの設置は、量子コンピュータを古典的なスーパーコンピュータと組み合わせて運用し、量子-古典ハイブリッドコンピューティングシステムの実現を後押しすることだろう。

欧州連合の各国は、先日欧州を「クオンタム(量子)バレー」にすべく、協力関係を築く「量子技術に関する欧州宣言」に署名した。これまでは米国企業の躍進が著しかった量子コンピュータ分野だが、欧州勢の巻き返しも期待される。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • judgment
    次の記事

    犯罪を予測するアルゴリズムが監視し、配られたカードで私たちを判断する

    2024年3月26日 12:26
  • 前の記事

    2017年以来最強の太陽嵐が地球を襲い北半球の多くの地域でオーロラが観察された

    2024年3月26日 11:40
    aurora
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Landmark IBM error correction paper published on the cover of Nature 75b1203a62

    IBM、画期的なエラー訂正技術を考案、実用的な量子コンピュータに大きく近付く

  • microsoft quantum computer

    量子コンピュータをこれまでよりも高い温度で動作させるという画期的な成果

  • newroom quantum hardware.rendition.intel .web .1920.1080

    量子コンピュータが実用化されるのはいつになるだろうか

  • origin quantum

    EU21カ国、欧州を「クオンタムバレー」にするために「量子技術に関する欧州宣言」に署名

今読まれている記事