Garnerは検索エンジンのボリュームが生成AIの影響により2026年までに25%減少すると予測

masapoco
投稿日
2024年3月5日 13:18
search engine

市場調査会社Gartnerの分析によると、2026年までに検索エンジンのボリュームはAIチャットボットやその他のバーチャルエージェントによって25%減少する可能性があるとのことだ。

Microsoftが支援するOpenAIのChatGPTのようなチャットボットは、ユーザーがインターネット上の情報にアクセスする方法を変えている。これら生成AIソリューションが従来の検索エンジンを時代遅れにするのではないかとの懸念は依然として渦巻いている。

「オーガニック検索と有料検索は、認知度と需要創出の目標を達成しようとする技術系マーケティング担当者にとって不可欠なチャネルです。生成AIソリューションは、従来の検索エンジンで実行されていたユーザーのクエリを置き換える、回答エンジンの代わりになりつつある。これは、生成AIが企業のあらゆる側面に組み込まれるようになるにつれて、企業がマーケティングチャネル戦略を再考する必要に迫られるでしょう」と、Gartnerは分析する。

実際に、Bank of Americaの2023年11月の分析によると、ChatGPTはGoogleのシェアのわずかではあるが奪い始めているようだ。

AIチャットボット対検索エンジン

生成AIサービスが普及するにつれ、多くのユーザーは、情報を探している時や質問がある時、GoogleやBingではなく、直接ChatGPTを利用するようになると予想される。そのため、Garterは、検索エンジンマーケティングは遅かれ早かれAIチャットボットにシェアを譲らざるを得なくなると確信している。Garterの副社長アナリスト、Alan Antin氏は、「生成AIがビジネスのあらゆる側面に統合されていくにつれ、企業はマーケティング・チャネル戦略の再考を迫られることになる。そのため、検索トラフィックの全体的な減少が予想される」と、述べている。

現在のところ、AIエージェントが従来の検索に取って代わるかどうかはまだ不明である。いずれにせよ、生成AIはコンテンツをコスト効率よく作成し、将来的には透かしやその他の認証手段にも依存するようになるだろう。検索エンジンのアルゴリズムは、おそらくこのようなコンテンツに相応のラベルを付けると同時に、Web上に出回る大量のAI生成コンテンツを補うために、質をさらに重視するようになると見られる。

「企業は、顧客や潜在顧客にとって有益なユニークなコンテンツを制作することに集中する必要があります」とGartnerは言う。Garterによれば、コンテンツは、人間の専門知識、経験、権威、信頼性など、SEOに関連する基準を持ち続けるべきとのことだ。SEOに関して言えば、Googleは常に、コンテンツは検索エンジン自身のためではなく、ユーザーのために作成されるべきであると強調している。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • AccentureCohere 1
    次の記事

    CohereとAccenture、組織におけるAI活用を促進するための提携を発表

    2024年3月5日 16:13
  • 前の記事

    Apple、音楽ストリーミングの問題を巡りEUから2900億円の制裁金を課される

    2024年3月5日 11:53
    Appleストアに掲げられたAppleのロゴマーク画像
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事